不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

覆輪

今日の和竿教室(30.01.27)

出席者:よろず請負人、師匠だのみ松、渓流人、沖釣り師、不漁中年

300127不漁中年DSC_5869不漁中年の作業は
全竹ハゼ竿の拭き漆
で、終了












300127渓流人1DSC_5868渓流人さんの作業は
スズキ竿・カワハギ竿の炭研ぎ
そして












300127渓流人2DSC_5871これを洗って総塗り
更に














300127渓流人3DSC_5874短尺カワハギ竿の切り組
で、終了














300127よろず請負人1DSC_5866よろず請負人さんの作業は
ハゼ竿の中芯菅込み
そして












300127よろず請負人2DSC_5867ハゼ竿の覆輪
更に














300127よろず請負人3DSC_5872手持ちの竹の芽取り
で、終了














300127師匠だのみ松DSC_5870師匠だのみ松さんの作業は
手持ちの竹の節磨き
で、終了












300127沖釣り師DSC_5873沖釣り師さんの作業は
石鯛竿他の拭き漆
で、終了












300127反省会DSC_5876反省会は、いつもの小洒落たケーキ屋さんが休みだったので、早目に営業していた居酒屋で・・・

今日の和竿作成(自宅自習24.09.23)

今日は、仕上げ近くになっている竿の覆輪作業をしてみた。
先ずは、呂色漆に顔料「本朱」を丁寧に漆箆を使って混ぜ込む。それにいくらか色を薄めたいので、黄の顔料を混ぜ込んで、濃し紙で濾す。
これを飾り塗りの上下に細い筆を使って円周方向に塗って完了。
今日は、胴調子ヘチ竿2本、矢竹ヘチ竿1本、矢竹穂先ヘチ竿1本の覆輪を書き込んだが、見ると大した作業でもないような気がするが、結構な時間が掛かってしまった。
この他、穂鞘の拭き漆をして自習完了。
240923漆風呂IMG_0267漆風呂の中はこんな感じだ。

livedoor プロフィール

不漁中年

記事検索
Archives
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ