不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

和竿展

和竿展準備(26.10.29)

261029外観IMG_0739いよいよ11月に迫ってきた「和竿展」に向けて、会場の「浅草西会館」との下打ち合わせに、よろず請負人さん、渓流人さん、師匠だのみ松さんと出かけてきた。
管理人さんのKさんと、搬入、搬出、鍵の取り扱い等について打ち合わせをして頂いた。












261029会場IMG_0734そして展示場を再確認

















261029ポスター2IMG_0737更に予告ポスターの掲示場所を検討

















261029ポスターIMG_0738結果的には、こんな感じに掲示。
その後、浅草といえば「Kバー」で。プチ結団式を行って散会


和竿展は、以下に日時で開催します。

場所:浅草西會舘
    台東区浅草1-16-8
日時:11月13日〜16日
    10:00〜18:00
    最終日は15:00まで

今日の和竿教室(26.10.18)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、八番弟子、不漁中年

261018仮組1DSC_3991今日の作業は、11月13日〜16日にかけて予定している和竿展で使用する展示台の脚部の仮組みから・・・













261018仮組2DSC_3992あーでもない、こーでもない
あれ?これは何に使ったんだろう?
余る材料やら足りない材料?













261018仮組3DSC_3993何とか仮組みを終え、発送用に梱包したと思ったら、別の材料が出てきて再梱包

でもって午前中で仮組み終了

午後からは各自の作業開始











アヤ師さんの作業は
タナゴ竿を蜜蝋で仕上げ
ハゼ竿を蜜蝋で仕上げ
で、終了

261018不漁中年DSC_4002不漁中年の作業は
ヘチ竿の拭き漆
で、終了













261018八番弟子DSC_3995八番弟子さんの作業は
ヘチ竿の尻栓交い
ハゼ竿の呂色研ぎと塗り
で、終了













261018置き竿師DSC_3994置き竿師さんの作業は
イイダコ竿のガイド部、呂色研ぎと塗り
ヘチ竿の錫紛蒔き
で、終了













261018渓流人DSC_4000渓流人さんの作業は
鮎魚女竿の呂色研ぎと塗り
で、終了













261018よろず請負人DSC_3999よろず請負人さんの作業は
ハゼ竿の印籠芯の菅込み
で、終了













261018沖釣り師DSC_3998沖釣り師さんの作業は
ハゼ竿他の総塗り
で、終了













261018師匠だのみ松DSC_3997師匠だのみ松さんの作業は
ハエ竿の漆塗り補修
で、終了


反省会は久々に外で・・・
大いに盛り上がって解散

今日の和竿展(24.11.18)

今日は「寿窓の会 和竿展」の最終日
241118うなぎいぬさんIMG_0343朝一番で来場してくれたのは、うなぎいぬさん。
竿はもちろんの事、うなぎいぬさんの浜名湖での釣りの様子など聞かせていただきびっくり!!
ハリスが「3号」って、道糸2号の不漁中年としては「ロープ」じゃないかって程の衝撃・・・













241118会場風景2IMG_0347メンバーの家族も顔を見せてくれて、教室での成果を見て一安心?



















221118会場風景1IMG_0346よろず請負人さんの竿は、どんなに近くで見てもOK・・・
メンバーの竿は1m以内への接近は不可?

















241118会場風景3IMG_0349特別出品している「シマシマ」さんも会場に駆けつけて・・・



















241118道具類IMG_0342道具は一人分とは言っても、全部を展示したわけでもないのですが、こうして見るとかなり多い?


















そして15時から撤収作業を開始して、荷物の梱包・発送を終えて・・・
もちろん、いつもの「反省会」ならぬ「打ち上げ」でお開き。
だれもが満足できた「和竿展」となって、満足満足
不漁中年としては、25年ぶりの再会があったり、中学時代の同級生が来てくれたりと大満足。
さて、次回に向けて気合いを入れないと!!!!!
そして最後に、お世話になった「浅草西町会」の関係者の方々、浅草西会館の管理人さんSさん、おかげさまで心に残る「和竿展」となりました。ここに厚くお礼申し上げます。

今日の和竿展(24.11.16〜24.11.17)

16日は、流石に金曜日ともあってやや少な目の来客。
17日は、土曜日でかなりの来客で時間帯によっては忙しい日となった。

241117会場風景4IMG_0327大は「イシダイ竿」から小は「タナゴ竿」まで・・・
女性の来客もあり、浅草だなぁと感じる時。

















241117会場風景1IMG_0332毎回きて頂いている方から「皆さん、かなり上手になりましたね」との嬉しい言葉もあって・・・


















241117会場風景2IMG_0333竿もさることながら、道具類もかなり感心が高く、説明のしがいもあると言うもの。


















241117会場風景3IMG_0330説明を真剣に聞いて貰えると、こちらも思わず楽しくなる。













今日の和竿展(24.11.15)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、不漁中年

さて、待望の和竿展の開幕です。
241115展示台脚組IMG_0311先ずは展示台の脚の組み立てから作業に入る・・・・
















241115展示台完成IMG_0314展示台が完成したのは、お昼過ぎになってからのこと
















241115展示状況IMG_0319先ずは師匠よろず請負人さんの竿類
タナゴ竿からスズキ竿まで多岐に渡っての出品















241115作業手順パネルIMG_0316おおまかな作業手順のパネルを展示
竿が仕上がるまでには100を越える工程があると言われる。















241115工具類IMG_0318竿作りに欠かせない道具類一式とはいえ、一部を展示。「殺し板」「泥棒掃除」など聞き慣れない道具も・・・

livedoor プロフィール

不漁中年

記事検索
Archives
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ