10月15日
本来は、昨日の出撃を予定していたが天候の悪化?で、本日の出撃に変更。
3:00の目覚ましを止めてzzz。暫くして本気で目が覚め、既に出撃準備を終えている快感愛舐め号と共に富津へと向かう。道中はこれといった渋滞もなく5:30富津着。

早速、N釣具店へ行き情報収集しながらアオイソメとアカイソメと受け取りポイントへと移動。

お気に入りのポイント近くで現地餌の調達。そしてドキドキワクワクの落とし込みの開始。潮はスケスケのうえにソコリ状態。最後のクロ狙いと決めていたが、打つ手もなく・・・・かなりの時間粘ってみたが落ちたのか、喰い気がないのか全く反応無し。そして着底近くのイガイに何やら反応が・・・・
と思って軽く聞き合わせると、とにかく小さな魚が掛かったのが分かる。なんと「クサフグ」、イガイに反応するフグ、これにはビックリ

このポイントを諦めて小移動。アカイソメで落とし込みの再開。そして着底と同時に待望の魚信が出て、かなり控えめな首振りダンスをお披露目しながら小鮎魚女が姿を現す。これは遠慮しながらもキープ。続いて更に小さな鮎魚女・・・・これは流石にリリース。ここで下げいっぱいの潮止まりで休憩。朝食というか昼食というかをとって昼寝・・・

15:00、鮎魚女狙いで落とし込みの再開。フグの猛攻であっという間にアカイソメが無くなるの繰り返し。小移動しても同じ状態。ついにアカイソメが無くなり、アオイソメに切り替えるが同じ状態で取りあえず落とし込みを中止し、釣友のSに連絡を取り合流時間・場所を決めてzzz

21:30釣友のSと合流。早速ポイントに向かい思い思いの場所で落とし込みの開始。これといった反応もなく小一時間ほどが過ぎたが、相談の結果小移動。

移動後も潮がまだまだ上げていないためか、反応はいまいち。そして、Sが延べ竿で目張を狙うと良型をゲット。こちらは相変わらずの落とし込みを繰り返すが、断念して延べ竿に切り替える。

すると、小気味よい引きで「糸鳴り」とともに目張をゲット。4尾ほど連続でゲットすると、魚信が途絶える。少し離れて落とし込みを再開してしたが、これといった反応はない。ヘチ際に落として眠っている鮎魚女を狙ったがこれも反応無し。この落とし込み之途中で何を間違ったか、セイゴが掛かりキープ。その後は反応が無くなり、Sと相談して納竿(25:00)

お決まりのラーメン・コーヒーで反省会、釣り談義後zzz。

10月16日
4:00の目覚ましで起床。準備もソコソコにポイントへと移動。まだ暗いので目張狙いで落とし込みを開始したが、様子をみると何やら小魚が追われている。そこへアオイソメを落とし込むといきなりの魚信で、セイゴをゲット。

続いて大きめの「タナゴ」が掛かるが、あとはさっぱり状態で・・・・。ついに諦めて納竿(7:00)。埠頭へ行き餌箱やらなんやら洗って、N釣具店へ結果報告後、帰宅。
疲れたが楽しい釣行となった。

211016富津0483
釣果
セイゴ:34cm  2尾
タナゴ:21cm
鮎魚女:18cm
メバル:20〜12cm  9尾
リリース:メバル、鮎魚女、タナゴ、目仁奈