3月20日
和竿教室が完了して・・・
というか、いつもより早じまいした不漁中年に誰か気が付いたか?
ということで、教室の完了後、快感愛舐め号と共に一路富津へと向かう。流石に3連休の初日ということもあり、思うようには進まない。断続的な渋滞を感じながら富津へ20:00着。
早速、N釣具店へ行き情報収集後、ポイントへと移動。

途中で合流予定の釣友Sに連絡を入れ、時間・ポイントを確認。快感愛舐め号を停めて準備し、ポイントへ移動。Sに先行して落とし込みの開始。そこへSが合流してきて、簡単に情報を交換し、思い思いの場所で落とし込み。流石に魚信も何もなく相談して小移動。

移動後も「表層・底・棚」を狙っての落とし込みに穂先は何の変化もせず、ただうなだれているだけ?そして船と岸壁の僅かな隙間に落とし込んだ時、待望の魚信が出て餌を半分取られる。急いでアオイソメを付け替えて落とし込んだが、残念ながら気配は消えた。小1時間ほど粘ったが相談して更に小移動。

移動後は、これといった反応がなく時間が過ぎてゆく。そして潮が動き始めたのか、待望の魚信が出始める。小振りとはいいつつキープぎりぎりのサイズの目張が相手をしてくれる。そんな感じで落とし込みを繰り返し、着底したアオイソメに重い魚信が出て、聞き合わせをして合わせると、強烈(と思った)な引きでやり取りを楽しませてくれたのは、良型の鮎魚女。これには感謝・・・

その後は、目張が思い出したように相手をしてくれるものの、諦めて納竿(24:00)。恒例のラーメン・コーヒーで反省会、釣り談義後zzz

3月21日
朝マズメには目が覚めず、完全に日が昇ってからの起床。今日は長潮だしさほど期待は出来ないが、落とし込まなければ魚には遊んで貰えない。考えた結果、鮎魚女自己記録のポイントへと移動。ところが、潮は下げていてその上スケスケの潮でどうにも釣れる気がしない。

とりあえず、落とし込みを開始するが全くと言って良いほど反応がない。長い距離を往復して小移動。ここもお気に入りだが、潮の色が変な感じ。笹濁りという感じでもなく濁っている。近くいた投げ師・ルアーマンに様子をお聞きしたが、二人とも「サッパリ」との事。落とし込みを開始しても答えは「サッパリ」だった。ここを諦めてコンビニで買いだし朝昼飯ご昼寝zzz。時々目が覚めてもzzz更にzzz

17:30落とし込みの再開。先ずは鮎魚女の実績ポイントから落とし込み。移動しながらの落とし込みで、4箇所目で魚信が出る。とはいっても小さい感じだがしっかり聞き合わせると控えめの首振りダンスで姿を現したのはリリースサイズの鮎魚女。更に進んで、何とかキープサイズの鮎魚女をゲット。

ここで、行き着くところまで着いて日没となり笠子狙いに切り替える。ここは笠子の保育園?だったポイント。先ずはリリースサイズの笠子をゲット。餌を付け替えて落とし込むと魚信が出てそのまま「根掛かり状態」になり、動く気配はない。これは、笠子に間違いないと確認し、そのまま放置しておくと何とか動き始め無事にゲット。最近ではまあまあのサイズで満足。

そして目張狙いに切り替えて、実績ポイントを攻めてみたが全くの魚信無し。気分を変えて思いっきり浅場を攻めると、これが正解でキープサイズの目張を連続5尾ゲット。場所を休ませながら飽きない程度に目張に相手をしてもらう。そこへ釣友のSが合流してきたが、魚信が遠のいて30分程で納竿(22:00)
恒例のラーメン・コーヒーで反省会。和竿作成道具のお披露目などで楽しい時間を過ごしてzzz

3月22日
今朝は5:30起床。残りの餌であわよくば鮎魚女ゲットと、ポイントに移動。もしかしたら木更津在住のHaさんにお会いできるかと期待したが、Haさんの車はなくどうやら出撃はしてないらしい。

落とし込みを開始して、10分ほどが過ぎた時仕掛けが止まったままになって、そっと聞くと生体反応?これは味噌汁サイズの笠子でキープ。次は着底と同時に魚信が出て、首振りダンスのお披露目。これもキープ。ここで餌が無くなり、埠頭に移動して餌箱他を洗って納竿(8:00)。その後、N釣具店へ行き、結果報告後帰宅。

210322富津6375釣果
鮎魚女:35〜23cm  3尾
目 張:18〜14cm 29尾
笠 子:20cm、14cm
リリース:鮎魚女、目張