出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、渓流人、師匠だのみ松、三番弟子、沖釣り師、不漁中年、

210320不漁中年6364不漁中年、今日の仕事は置き竿師さんと教室の準備。完了後は、富津の釣友Sに頼まれているヘチ竿の手元の漆を耐水ペーパーで研いで、二度目の呂色漆を塗る。飾り塗りは何にしようか?思案中。
その後は、前打ち竿(中通し竿)の印籠芯の作製。そして完成した印籠芯の中に入れる金属製のパイプの切断と、切断面の仕上げ。これで今日の仕事は完了。

210320渓流人6361渓流人さんは、二本仕舞いの竿の菅込み作業。これは、並継ぎの部分と仕舞い分の寸法を考慮しながらの慎重な作業となる。相変わらず丁寧な作業。

 

210320置き竿師6359置き竿師さんは、線覆輪用の色漆を山吹色の色粉を使って作製。
そして竹刀竿に「うるみ漆」を使って覆輪を引く。



210320師匠だのみ松6362師匠だのみ松さんは、鯊竿の印籠芯の菅込み。
そして乾漆塗り用の「乾漆粉」を作って、篩に掛けるのは来週の仕事。



210320沖釣り師6363

沖釣り師さんは、印籠芯の作製と菅込みの作業。

 

 


210320三番弟子6360三番弟子さんは、穂鞘2本の作製と呂色漆の塗り作業。




210320よろず請負人6366よろず請負人(師匠)さんは、置き竿師さんと切り組作業。




今日のお昼は、蒟蒻で味噌おでん(味噌は師匠調理)。そして今日の一品は、先週の材料で「梅山葵」。更に頂き物の「蕗」での蕗味噌。春の香りで結構楽しめた。
蕗味噌は、蕗を洗って、微塵切りにして多めのごま油でしんなりするまで炒めて、適量の味噌・味醂を加えて更に炒めながらたっぷりの目の七味を加える。そして水分がとんだら完成。簡単だが美味・・・是非ともお試しあれ!
210320椿6369教室の庭の椿は、咲き始めたもの後が続かずじっと春本番を待っていた。