出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、師匠だのみ松、、沖釣り師、渓流人、不漁中年

不漁中年の今日の仕事は、置き竿師さんと一緒に床の雑巾掛け、そしてテーブルのセット。そして漆風呂から漆の乾き具合を確認しながら竿を出す。なん210228不漁中年6317と、不漁中年の竿は乾いていない。確かに絞漆を厚く塗った覚えがあるので、仕方のないこと。漆風呂に霧を吹いて再び竿を入れる。
そしてよろず請負人こと師匠が持ってきた「削り穂」と素材・工具の説明を受ける。なかなか大変な作業に思えるが、一段落したらヘチ竿の穂先を作ってみたい。
その後は、富津の釣友Sに頼まれて入手したグラス素材に付ける手元の破竹の糸巻きをする。最近は慣れて短時間で巻けるようになってきた。後は、節磨きで今日の作業完了。

210228よろず請負人6322よろず請負人こと師匠は、色々な作業を手伝ったり、削り穂作成用の工具を研いだりと忙しそうだった。



210228渓流人6321いつもの時間を遙かに過ぎた時「これから向かいます」との連絡が入った渓流人さんは、2本仕舞の尻栓の作製。これは、仕舞った時の姿がきっちり納まるかがポイントの作業。流石に丁寧な作業。


210228置き竿師6316置き竿師さんは、竹刀竿に取り付けたガイド部分のろ色漆を塗っていた。そろそろ仕上げに入るらしい。その後は、乾漆塗り用の「石地」を作るためにガラス版に色粉と朱合漆を練って、延ばして漆風呂に入れて作業完了。

210228師匠だのみ松6320師匠だのみ松さんは、漆塗りを終えて、漆の付着した皿の掃除、お陰で綺麗な皿になりました。

 


2102228沖釣り師6315沖釣り師さんは、沢山ある公魚竿の研ぎとろ色漆を塗って、作業完了。研ぎも神経を使うが、塗りも気を使うので、見ていても疲れそう・・・



今日は、ゲストとして時々遊びに来てくれるサリーさんからの、蒟蒻の差し入れがあり美味しく頂きました。サリーさんご馳走様でした。暖かくなったら教室にも遊びに来て下さい。全員で歓迎します。
210228椿6319教室の庭の福寿草が散り始めて、代わりに椿が一輪、葉裏に咲いていました。