参加者 よろず請負人、置き竿師、アヤ師、三番弟子、渓流人、不漁中年

今日は、各人がそれぞれに都合をつけて、「みなとみらいパシフィコ横浜」に15:00集合。

そうなんです。今日は国際フィッシングショーに和竿教室のメンバーで行ってきました。ところが、去年に比べ「和竿」のコーナーが激減しててガッカリ。確かにルアー系統の釣りに人気があるのは分かっているけど、日本古来の和竿の素晴らしさを伝える良いチャンスなのにちょっと残念。

集合時間より早めに着いたので、ざっと一回りすると約束の15:00になり、入り口に行くとポツポツとメンバーが集まってくる。全員が集合し再度16:00集合の確認をして、それぞれ思い思いの場所に散る。

不漁中年は、よろず請負人こと師匠と一緒に見て回る。そしてたどり着いた「江戸和竿」のブース。ここの展示は相変わらずの素晴らしさで目を見張る物があった。とても作れそうにない細竿のインロー芯はどのように取り付けたのだろう?あの漆塗りは?などと感心することばかり・・・

他の和竿の展示も見ながら師匠に解説して貰ったり、質問したりで良い勉強になった。去年見て気になっていた「鳩ヶ谷・川口」の和竿の展示が見つからなかったのは残念だった。もしかすると出展してなかったのかもしれない。

16:00になり再度全員集合し、みなとみらい駅近くの「蕎麦屋」で軽く懇親会をして無事終了。