出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、不漁中年
  

今日の不漁中年の仕事は、先ずは置き竿師さんと床の雑巾掛けから開始して作業用のテーブルを並べる。と同時にほぼ全員が揃う。

201206不漁中年6237そして、手掛けていた「前打ち竿」に取りかかろうと思ったら、なんと矢竹が虫に喰われていてこれを諦める。
次は自宅で作成中の「ヘチ竿」の手元と手元上の菅込みと印籠芯の作製と菅込みに取りかかり何とか完了する。
あとは、自宅で穂持ち側の菅込みと、穂先の菅込みを終わらせる予定だ。201206アヤ師6229
 アヤ師さんは、前回に引き続き「庭師」に変身して、庭の下草を刈って綺麗にしてくれた。
午後は。アヤ師に戻って竿の作製。

                                               
201206渓流師6235渓流人さんは、梨子地塗りの梨子地粉を蒔いている。
乾けば余分な梨子地粉を落として更に漆を重ね塗りして仕上げる。これも他人事ながら楽しみな塗りだ。
201206師匠だのみ松6236師匠だのみ松さんは、ヘチ竿の各箇所の菅込みを作業中。
程良く削り込んで、しっかり菅込めた時はほっと一安心・・・


201206置き竿師6225
置き竿師さんは、際覆輪を引いている。
僅かな巾の線を引くのも大変だが、しっかり引けた時は達成感を感じる。

201206沖釣り師6232沖釣り師さんは、よろず請負人こと師匠にイメージを伝え、「スミイカ竿」を切り組んでもらっている。
これも自分の分野以外の釣りなので、どんな竿が出来るのか楽しみ・・・