不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2019年07月

今日の和竿教室(2019.07.27)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、不漁中年

20190727収穫DSC_6625今朝の収穫

















20190727不漁中年1DSC_6627不漁中年の作業は
黒鯛竿(12尺延べ竿)の籐巻
そして















20190727不漁中年2DSC_6633拭き漆
その後
















20190727不漁中年3DSC_6637反省会用の肴(キスチリ)の調理
















20190727よろず請負人1DSC_6628よろず請負人さんの作業は
ハゼ竿・手長エビ竿の芽打ち
そして















20190727よろず請負人2DSC_6635反省会用の肴(フライドポテト・鯖の照り焼き・丘わかめ他)の調理















20190727渓流人1DSC_6632渓流人さんの作業は
キス竿の変わり塗り部分の呂色塗り
ハゼ竿の拭き漆
そして












20190727渓流人2DSC_6639中通しハゼ竿の中芯セット、菅込
で、終了















20190727師匠だのみ松1DSC_6629師匠だのみ松さんの作業は
手長エビ竿の呂色塗り
万能竿の穂先の菅込
で、終了














20190727アヤ師2DSC_6640アヤ師さんの作業は
ハゼ竿・小物竿の呂色研ぎと塗り















20190727反省会DSC_6641月に一度の教室での反省会

















20190727反省会2DSC_6642肴はこんな感じ
(丘わかめは初体験)

今日の和竿教室(2019.07.20)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、不漁中年

20190720収穫DSC_6620今日の収穫です。


















不漁中年の作業は
黒鯛用12尺延べ竿の中矯め
ヘチ竿のビーワックス掛け
で、終了し早退

20190720師匠だのみ松DSC_6623師匠だのみ松さんの作業は
手長エビ竿の罫引き、キシャギ、糸巻、極め漆
で、終了













20190720よろず請負人DSC_6621よろず請負人さんの作業は
ハゼ竿の菅込
ハゼ竿2本の穂先象牙取り付けハゼ竿の糸掛け部分の呂色塗り
で、終了











20190720渓流人DSC_6624渓流人さんの作業は
ハゼ竿の拭き漆
中通しハゼ竿の呂色塗り
キス竿の研ぎ出し
で、終了












20190720置き竿師DSC_6622置き竿師さんの作業は
津軽塗部分の緑漆・朱漆塗り
メバル竿のガイド部リールシート部の呂色塗り
手長エビ竿の罫引き、キシャギ、糸巻、極め漆
で、終了


富津出撃結果(2019/7/20〜7/21)

7月20日

和竿教室での作業を終わらせて早退し富津へと移動。
今日もこれといった7渋滞もなく富津に到着。
埠頭へ行き様子を見るとなんだか7混雑してる。
貽貝を取り、小移動してフジツボを取りN釣具店へと移動。
予約した餌を受け取り、情報収集しポイントへと移動。
同業者が大勢いるが、なんか様子が変・・・
殆どがタコ狙いで同業者は少なさそう。
早速フジツボで落とし込み開始するが、何の反応もない。
暗くなるまで粘ったものの撃沈。
釣友のNさんに連絡を入れ小移動。
しばらくしてNさんと合流。
情報交換して落とし込み再開・・・
これといった魚信もなく、取り合えず撤収。
軽く腹拵えして就寝zzz

7月21日
4:00起床、さっさかさっと準備してポイントへと移動。
20190721カイズIMG_1536早速,稚貝団子で落とし込み開始。三度目の落とし込み直後に「どすっ」といった感じの魚信で強烈な引きで楽しませてくれたカイズ42僂亡脅奸














20190720カイズ2IMG_1537鉤は理想的な閂に掛かっていて満足。
一尾ゲットして満足して撤収。

















DSC_1262魚は「クロダイのソテー(ローズマリーを使った香草焼き)バルサミコソース掛け」で美味しくいただきました。


富津出撃結果(2019/7/13〜7/14)

2019年7月13日〜14日

和竿教室での作業を終わらせて早退し、富津へと移動。
3代目快感愛舐め号は、順調に進みこれといった渋滞もなく富津到着。
埠頭へ様子を見に行くと赤潮・・・
その後、N釣具店へ移動し予約した餌を受け取りながら情報収集。

ポイントへ移動すると同業者がかなりいて落とし込めるのかと心配になる。
よくよく見ると同業者にしては様子が変・・・
タコ狙いに餌木のメンバー半分程度か?

何往復かして魚信なし。
ここでNさんに連絡を入れると「さっきまで対岸にいました」とのこと。
しかも差し入れのコーヒーを持って現れて、しばし情報交換。
色々な情報により、場所移動。

暗くなってきたのでアオイソメを一匹掛けで落とし込むと道糸がふけたまま状態を保っている。
強引な魚信で餌を取られる。
付け替えて落とし込み、今度は慎重に合わせて良型のメバルゲット。
その後、小メバルを2尾追加。

DSC_1237そしてかなり進んで落とし込むと張っていた道糸がフッと気を抜いたようにふける。
これを聞き合せるとかなりな引きで楽しませてくれたカイズ33僂玉網に収まる。

これを機に納竿。

翌朝、強烈な雨音で目が覚める。
やや小ぶりになるのを待って餌箱やらなんやらを洗って撤収。

N釣具店へ行き、結果報告やらお茶をいただいて帰宅。




























今日の和竿教室(2019.07.13)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、不漁中年

20190713朝一番の仕事DSC_6612朝一番で苗の手入れ

















20190713初収穫DSC_6613今日の収穫


















不漁中年の作業は
ヘチ竿のビーワックス掛け
ちょっとした道具の作成
で、終了し早退

20190713師匠だのみ松DSC_6614師匠だのみ松さんの作業は
手長エビ竿の切組み、矯め、菅込
万能竿の呂色研ぎと塗り
で、終了












20190713渓流人DSC_6617渓流人さんの作業は
キス竿津軽塗の仕上げ塗り
中通しハゼ竿の梨子地塗り
キス竿の黄漆塗り
で、終了












20190713よろず請負人DSC_6615よろず請負人さんの作業は
ハゼ竿の糸掛け取り付け
手長エビ竿の総塗り
で、終了













20190713置き竿師DSC_6618置き竿師さんの作業は
カワハギ竿の黄漆塗り
メバル竿のガイド部・リールシート部の呂色塗り
手長エビ竿の切組み
で、終了











20190713アヤ師DSC_6619アヤ師さんの作業は
ハゼ竿の呂色研ぎと塗り
小物竿の菅込と呂色塗り
で、終了

livedoor プロフィール

不漁中年

記事検索
Archives
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ