不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2013年08月

今日の和竿教室(25.08.24)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、

250824収穫130824_0928~01今日の収穫は
ジャガイモ・トマト・茄子・ゴーヤ
収穫も一段落してこれからは、ゴーヤの出番?






















250824よろず請負人130824_1109~01よろず請負人さんの作業は
ハゼ竿・鯛竿の切り組と矯めと中抜き
沖釣り師さんのヘラ竿・渓流人さんのハゼ竿・置き竿師さんのテナガエビ竿の仕上げ矯め
反省会の肴調理
で、終了



















250824師匠だのみ松130824_1138~02師匠だのみ松さんの作業は
ハエ竿の拭き漆
ハエ竿の口栓作成
で、終了





















250824アヤ師130824_1108~01アヤ師さんの作業は
ハゼ竿の糸通し(象牙)の加工
タナゴ竿の小口殺し・罫引き・キシャギ
で、終了





















250824沖釣り師130824_1114~01沖釣り師さんの作業は
ハゼ竿の中抜きと拭き漆
ヘラ竿の中抜きと拭き漆
ヒラメ竿の中抜き
で、終了




















250824渓流人130824_0947~03渓流人さんの作業は
キス竿の仕上げと矯め
テナガエビ竿の仕上げと矯め
中通しハゼ竿の仕上げと矯め
で終了




















250824置き竿師130824_0947~02置き竿師さんの作業は
青キス竿の穂鞘の総塗り
ハゼ竿ガイド部の呂色塗り
キス竿の研ぎと呂色塗り
キス竿の穂先粉蒔き
アイナメ竿のガイド部呂色塗り
で、終了


















250824反省会130824_1549~02恒例の反省会は
茄子の煮浸し
玉葱ゴーヤの野菜炒め
マグロのカルパッチョ
胡瓜・トマト・エシャレットのサラダ
ジャガイモ炒め
でもって、楽しい反省会・・・



今日の和竿教室(25.08.17)

出席者:よろず請負人、置き竿師、アヤ師、不漁中年

250817収穫DSC_3202まず、作業に入る前に収穫
トマト・茗荷・ジャガイモ・ゴーヤ・胡瓜・茄子
相変わらずの豊作・・・













250817不漁中年DSC_3210不漁中年の作業は、作成中のヘチ竿2本の手元上に補強用の中芯を交って完了。














250817置き竿師1DSC_3204置き竿師さんの作業は
螺鈿塗りの研ぎ出しと呂色塗り
ハゼ竿の糸巻き取り付けと極め漆
青キス竿の穂鞘の総塗り
キス竿の菅込み箇所の呂色塗り
そして










250817置き竿師2DSC_3206鮎魚女竿のガイド。リールシート取り付けと極め漆
で、完了













250817よろず請負人1DSC_3203よろず請負人さんの作業は
ハゼ竿の芽取り
フナ竿の芽取り
そして












250817よろず請負人2DSC_3208ハゼ竿の中抜き
反省会の肴調理
で、完了













250817アヤ師DSC_3205アヤ師さんの作業は
ハゼ竿の糸巻き部分の呂色研ぎと塗り
タナゴ竿の小口の成形
で、完了












250817反省会DSC_3211反省会は
ジャーマンポテト
ゴーヤチャンプル
戻り鰹のカルパッチョ
トマト・胡瓜
ワタリ蟹
どれもこれも美味しい反省会

富津出撃結果(25.08.12)

さて、今日こそは本命をと気合い十分に目が覚める。
約束の時間には早いがポイントへと移動。
まだ、誰もいない。今日のお供も胴調子短竿、何とかしてこの竿で本命をゲットしたいものだ。

先ずは、豆蟹で落とし込みを開始する。
餌取りもいないようで、そのまま帰ってくる。
これを繰り返しながら進んで行く。

そして、かなりの距離を進んで矢引ほど落とし込んだ豆蟹に飛びついたのはカイズ40cm。
胴調子の竿は、ヤリトリを十分すぎるほどに楽しませてくれる。
玉網に入るまで、ドキドキ状態が続く。そして写真撮影したはずが、無い。
寸の割には体高がって、綺麗な本命に感謝。
(帰宅後、刺身にしたら身が飴色で美味)

この後、広島のヘタ師さんが追いついてきて合流。
竿やら仕掛けやら、竹の事など楽しい釣り談義で楽しい時間を過ごす。
そして健闘を祈って納竿(8:00)

餌箱やら何やら洗ってから、N釣具店へ行き結果報告後、帰宅。

富津出撃結果(25.08.11)

暗いうちに目が覚めてグダグダ、まったりと・・・
そうそう、今日は広島のヘタ師さんとの合流予定で時間を約束していたが、きっと早めに来るだろうと自分も早めに移動。

快感愛舐め号を停めると同時に、ヘタ師さんからの着信?
どうやら「胎貝」を採っていて、快感愛舐め号に気が付いてくれたらしい。まだ暗いので先行して豆蟹で落とし込みを思っていたが、開始時にはかなり明るくなってきた。

取り敢えず豆蟹で落とし込みを開始する。餌取りもなく・・・
朝マズメ狙いの同業者がだんだんと増えてくる。
そのうちの一人の方に「不漁中年さんですか」と声を掛けられる。「そうです」と答えると「いつかお会いすると思ってました」との事。ブログを読んで頂いているようで、感謝の気持ちでいっぱいになる。そしてかのmikoさんの事も話題に・・・
嬉しい出会いがあってほのぼのとした気持ちになる。が、なぜ分かったのだろう?
聞くのを忘れた。

自分はさっぱりで、ヘタ師さんと再合流の時間調整して一時撤収とする。
軽く腹ごしらえ、仮眠zzz

目が覚めて、潮の様子を見るとソコリからさほど上げてないが、ポイントへと移動。
250811ソイIMG_0473オレンジイソメで落とし込み再開。
20分ほどした時に、着底したイソメにゴツッとした魚信が出て、7尺6寸5部の胴調子の竿は十分にヤリトリを楽しませてくれる。
姿を見せたのはこのソイ。
ここで、ヘタ師さんが再合流。

この後は、本命の魚信もなく撃沈。
ヘタ師さんは、本命を2枚ゲット。
流石です。

そして明日の合流時間を確認して撤収。

250811セイゴIMG_0474小休憩。
そして夕マズメ狙いでと思っていたが、かなり暗くなってしまい、急いでポイントへと移動。
先ずは豆蟹で落とし込みを再開する。
するとコツコツとした小さな軽い魚信で鈎掛かりした魚がこれ
30cmほどのセイゴ。本命ではないが楽しませてくれたので感謝。
この後は中目張をゲットして納竿(22:00)

富津出撃結果(25.08.10)

和竿教室は、参加者が総勢3人という事で「反省会」は中止。
でもって、お昼を済ませて早退し富津へと出撃。
(内心は、反省会に30分ほど参加して早退しようと思っていたのだが・・・)

道中は、首都高で断続的な渋滞があったものの湾岸道路・館山道はスイスイと進んで富津着。
埠頭で「胎貝」を採取するも潮が上げていて採れなかったが、少しだけ確保。
この後、N釣具店へ移動し情報収集しながら「豆蟹・アオイソメ・オレンジイソメ」を確保。

移動してポイントに着くと、同業者が思い思いに落とし込んでいる。
早速、オレンジイソメを付けて落とし込み開始。すると一尋ほどの棚で「ゴツッ」といった感じに魚信が出たが、残念ながら合わせ損ねる。
直ぐにイソメを付け替えて周囲を探ったが残念な結果に・・・

更に進むとS県S市のヘチ師さんと出会う。様子を聞くと「午前中に良型1尾、午後に小さいのを1尾」との事。
健闘を祈って更に進んだが、全くの魚信無し・・・
離れた場所では玉網が下りているのが見えるから、魚の活性は良いのだろうけど自分の近くの魚は活性が低そうだ。

スタート地点に戻ると、S県S市のヘチ師さんが「腰が痛いので、撤収しますが釣りすぎないように」と言葉を残して引き上げて行った。一度で良いから「釣りすぎてみたい」・・・
暫くして、一時撤収とする。

軽く腹ごしらえして夜釣りの部に突入したが、本命の魚信はなく「小目張・中目張」に遊んで貰って納竿(22:00)
明日は「広島のヘタ師さん」と合流予定で楽しみだzzz



livedoor プロフィール
記事検索
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ