不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2012年12月

富津出撃結果(24.12.31)

富津到着後、N釣具店で情報収集。
そしてお気に入りのポイントで鮎魚女狙い。
今日のお供は「アイナメ竿 9尺」で、ブラクリでの釣りだ・・・241231鮎魚女IMG_20121231_114213
何回か石組みの穴を狙うが、食い気のある小笠子が先に姿を見せる。

その後、すっとブラクリの入る穴があり、ゴツゴツとはっきりした反応があり、32cmの鮎魚女が姿を見せる。

この後、4尾ほどゲットして魚信が遠のき、風が強くなって小休憩

釣友のSと連絡を取り、合流してメバル狙いの落とし込み開始。
風が強く釣りにならなかったが、風が止むとソコソコに眼張も姿を見せ始める。
やがて魚信が止まり納竿。

相変わらずのラーメン・コーヒーでも反省会・釣り談義
その後zzz

富津出撃結果(24.12.21)

富津到着後、N釣具店でアカイソメ・アオイソメを購入しながら情報収集。
今年の鮎魚女はサイズがイマイチらしい・・・

今日のお供は、「8尺5寸、先調子のヘチ竿」だ。真価を発揮してくれるかどうか?

先ずは、埠頭で落とし込み開始。全くの反応なし。
大きく移動しても反応なし・・・

241221鮎魚女IMG_20121221_120000更に移動して、アカイソメに反応したのがこれ
まあまあの首振りダンスで楽しませてくれた鮎魚女に感謝

















241221鮎魚女IMG_20121221_120828次に姿を現したのが、この鮎魚女
これも、まあまあの首振りダンスをお披露目してくれた。

後は、小鮎魚女が練習中の首振りダンス・・・

ところが、魚信のある箇所は前後30mほどの場所だけで、この箇所を離れると全くの反応なし

中・小物合わせて楽しませてくれた富津の海に感謝して納竿












今日の和竿教室(24.12.15)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、Shima×2、不漁中年

不漁中年の仕事は、スーパーの開店を待って食材の買い出しとガザミ鍋(味噌仕立て)の準備で完了。

241215よろず請負人DSC_2827よろず請負人さんの仕事は竹の選定。

















241215アヤ師DSC_2830アヤ師さんの仕事はヤマメ竿の芽の仕上げの下作業

















241215沖釣り師DSC_2831沖釣り師さんの仕事は拭き漆。


















241215置き竿師DSC_2828置き竿師さんの仕事は石鯛竿の口栓の研ぎ出し他

















241215大掃除DSC_2832作業完了後、メンバーで大掃除


















241215(新)反省会IMG_20121215_145715さて今年の教室納会は
渓流人さんからの「牛筋の煮込み」
Shima×2さんからの塩昆布キャベツの浅漬け、セロリの浅漬け
ガザミの味噌仕立て鍋
胡瓜・冷やしトマトの乱切り
刺身の盛り合わせ
どれも美味しい納会・・・

今年は「和竿展」の開催も出来、良い年でした。
来年は、更に完成度の高い竿を作れればと思います。

初島遠征?(24.12.08〜24.12.09)

11月の「寿窓の会 和竿展」の打ち上げをかねて、メンバーの4人が出撃。そして3人は「竹取」にと出かける。

さて、初島出撃組は熱海駅に10:00集合し熱海港へと移動。
そこで目にした文字「初島便、強風のため欠航します」、これは幸先が・・・
仕方なく湾内の風裏になるポイントで楽しむ事に?
241208準備IMG_0355それぞれに準備開始




















241208渓流人IMG_0356渓流人さんはフライロッドに「潮見せ」って、言い方正しいのか?
単に「水を見せた」で良いのか?


















241208置き竿師IMG_0357置き竿師さんはメバル竿ともう一本で「念仏鯛の6点掛け」を楽しむ・・・
他に鰯やらなんやら・・・

















241208ハタもどきIMG_0358不漁中年は、7尺6寸の胴調子ヘチ竿で落とし込みを楽しむ。
相手をしてくれたのは定番の「ネンブツダイ」そして「ハオコゼ」・・・
更に遊んでくれた魚がこれ?
想像だが「ハタ系の幼魚」か?
ま、楽しませてくれたので感謝














241208乾杯IMG_0359竹取メンバーと合流すて楽しい打ち上げ懇親会の開始
良い温泉と肴と美味しいお酒に全員が満足満足

















2412099日朝IMG_0361翌朝は熱いコーヒーで目を覚まして・・・

今日の和竿教室(24.12.01)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、不漁中年

先ずは、和竿展の荷物の整理をして教室の開講・・・

朝からやる気のない不漁中年は、スーパーの開店まで「釣具大全」を見ながら鯨穂の皮剥竿の構想を練る。
241201不漁中年DSC_2823やがてスーパーの開店時間になり買い物に出かける。
今日の反省会は「ガザミ」の味噌仕立ての鍋・・・
午前中に仕込みを終える。
午後は、メンバーの仕事の進捗状況を見ながら「ガザミ鍋」の仕上げ・・・
結局は、今日の仕事はこれだけ?










241201師匠だのみ松DSC_2816師匠だのみ松さんの仕事は
ハエ竿の切り組
ハエ竿の節抜き
でもって完了















241201よろず請負人DSC_2822よろず請負人さんの仕事は
乾漆塗りの研ぎ出し
郵便受けの裏蓋修理
















241201よろず請負人2DSC_2818師匠だのみ松さんのハエ竿の最終切り組
他、メンバーの指導
で完了















241201置き竿師DSC_2821置き竿師さんの仕事は
石鯛竿の口栓研ぎと塗り
石鯛竿のガイド部分の呂色塗り
テナガエビ竿の拭き漆
鮎魚女竿の梨子地拭き漆
反省会の飲み物の買い出し
で、完了












241201渓流人DSC_2820渓流人さんの仕事は
テナガエビ竿の拭き漆
ハゼ竿の拭き漆
で、完了















241201反省会IMG_20121201_155757そして恒例の反省会は
ガザミの味噌仕立て鍋
マグロの刺身
トマト・胡瓜の乱切り
デザートは佐賀のミカンと和歌山の柿
少人数では十分な肴・・・
今日も美味しい反省会?
















livedoor プロフィール
記事検索
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ