不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2012年06月

富津出撃結果(24.06.23)

寝てから目覚ましのセットもなく、1時間ほどで目が覚める。もちろん、出勤の日ならこんな事は考えられないのだが・・・誰でもそうか?
折角なので、ポイントへと移動。

240616鮎魚女IMG_0215竿は昨夜と同じ「胴調子ヘチ竿7尺」、鈎をチヌ1号に付け替えて豆蟹で落とし込みの開始。
潮はスケスケで、何の反応もなくたまに魚信があると河豚が姿を見せる。本命は何処に???
そして、ふと思い立って豆蟹を着底させると「モゾモゾ」とした魚信で鈎掛かりして、控えめな首振りダンスをお披露目してくれた鮎魚女がこれ


その後は、相変わらずの河豚フグ・・・
ここで小移動。
そこには同業者が二人落とし込んでいる。様子を見ていても反応は無いらしい。
気を取り直して豆蟹で落とし込むが全くの反応なし。結構な距離を進んで戻ると、同業者二人の内、一人が話しかけてくる。前回出撃の際に会話をした方で、ブログも見て頂いているようで、感謝しながらの情報交換。
とは言っても今朝は芳しくないらしい。先先日は40cm程の本命をゲットしたとの事。条件が合えば姿を見られそうなので楽しみ・・・
ここで、健闘を祈って移動し仮眠zzz

3時間ほど仮眠して目が覚め、釣友のSに連絡を入れ合流する。コーヒーやら何やらしながら情報交換。
そして竹岡ラーメンを食べに行こうと言う事になり、「梅乃屋」に行く。14:00過ぎだというのに12人ほどが並んでいる。でもタイミングが良かったのか、さほど待つ事もなく店内へ・・・
ラーメンに薬味(玉葱微塵切り)をトッピングしたが、相変わらずの美味しさに本命「黒鯛」の釣れる気が強くなってくる。(あまり関係ないか?)

240616カイズIMG_0216そして富津埠頭に戻りながら、Sとの合流箇所・時間を確認してから、アチコチ見て廻る。何処も芳しくないらしいということは分かった?
合流時間には早いが、先行して豆蟹で3回ほど落とし込んだ時、本命の魚信が有って胴調子のヘチ竿が引きを楽しませてくれる。
無事に玉網に収まったのは、カイズ37cm
続いて掛かった本命は、残念ながらハリス切れ・・・

Sと合流したものの魚信も気配もなく、相談して小移動。
ここでは、眼張狙いで落とし込むが、時々目仁奈そして眼張が相手をしてくれる。
とはいっても、飽きない程度の魚信でやや疲れる。結局は21:00納竿
反省会もなくzzz
240616釣果2IMG_0221釣果については、前述以外は眼張20cm〜12cmを18尾

富津出撃結果(24.06.22)

久々に富津の釣友Sと調整が出来て、今回の出撃となった。
帰宅後、さっさかさっと準備するはずが「あれは何処」「これは何処」「あ?釣りの帽子は何処」などと歯がゆいくらい。でも気持ちは「早く早く」、実際は「やってもやっても」準備が進まない状態・・・
何とか準備を終えて、準備が遅くなったのが幸いしたのか、高速埼玉線・首都高中環状線・湾岸線・館山道ともに、スイスイと進んで、しかも木更津南を賢い時間22:30(深夜割引22:00〜)に通過・・・

早速、お気に入りのポイントで落とし込みの開始
そうそう、竿は90%ほど仕上がっている「胴調子ヘチ竿7尺」をチョイス。鈎はチヌ1号、ハリスは1.75号。
そして落とし込み開始。ところが潮止まりのせいかどうかは分からないが、全くの反応なし・・・もっとも潮加減はソコリ

そして、小一時間ほどが過ぎてチヌ鈎3号に取り替えてアオイソメで落とし込み開始。すると小目張が相手をしてくれたがリリース、これを何回か繰り返す内に、サイズアップしてきてキープ。
一カ所で2〜3尾ほどゲットすると魚信が無くなり、5m程移動して同じような魚信での繰り返しで飽きない程度に釣れてくる。

やがて、餌も残り少なくなり取り敢えず納竿(27:30)とする。

240615釣果IMG_0218
釣果
眼張:21cm〜13cm  35尾
リリース:眼張多数


今日の和竿教室(24.06.23)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、

よろず請負人120623_0916~010001よろず請負人さんの仕事は
全竹中通しハゼ竿の節抜き
アヤ師さんのヤマメ竿の中仕舞い調整
師匠だのみ松さんのキス竿の尻栓・口栓の作成
そして反省会の肴調理
ということで、今日も大活躍の一日でした。












アヤ師120623_1114~010001アヤ師さんの作業は
ヤマメ竿の菅込み調整
尻栓の作成
で、完了














師匠だのみ松120623_1112~020001師匠だのみ松さんの作業は
ルアー竿2本の拭き漆
ハゼ竿の口栓・尻栓の作成
ヘチ竿の拭き漆
で、作業完了













渓流人120623_1009~010001渓流人さんの作業は
テナガエビ竿の中矯め
ハゼ竿の中矯め
矯め練習
で、完了













置き竿師120623_0917~020001置き竿師さんの仕事は
イシダイ竿の粉止め
カサゴ竿・メバル竿の拭き漆
アイナメ竿のキシャギ・糸巻き・糸極め
反省会の買い出し
でもって完了












沖釣り師120623_1504~010001沖釣り師さんの作業は
アオリイカ竿の手元の根の成形
で完了















収穫120623_1252~010001反省会120623_1604~010001本日の反省会は
ジャガイモとベーコン炒め
豚バラ肉の薫製
韓国唐辛子炒め
取り立ての胡瓜
茄子の生姜焼き
とっても美味しかったそうな・・・

熱海港釣り研修会(24.06.17〜24.06.18)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、不漁中年

4月中旬頃から何となく「熱海に行きたいね」と言う意見が出て、盛り上がり今回の研修会となった。さて、その顛末は・・・

240617熱海港到着IMG_0194先ずは熱海駅に10:00集合となり、参加者のうち沖釣り師さんは別行動で、残ったメンバーが集まり熱海港へと移動
















240617集合IMG_0195荷物を置いて集合写真撮影
今は、釣れるような雰囲気が・・・
そして、全員が自作のヘチ竿やら何やら準備を終えて、釣り開始














240617よろず請負人IMG_0200よろず請負人さんは、投げ竿も携行してて投げ釣り、餌木でのアオリ狙い・・・
ヘチ竿で落とし込みと楽しんでいた。















240617師匠だのみ松IMG_0199師匠だのみ松さんは、ヘチ竿で落とし込み

















240617渓流人IMG_0202渓流人さんもヘチ竿で落とし込み
ネンブツダイやら何やらで楽しんでいた。
















240617置き竿師IMG_0201置き竿師さんは、名前の通り「置き竿」でサビキ釣り
ヘチ竿での落とし込みで楽しんでいた。















240617不漁中年IMG_0207不漁中年は、もちろんヘチ竿での落とし込み

















240617ベラIMG_0197そして釣った魚はベラ

















240617ヒメジIMG_0198さらに、程々の抵抗で楽しませてくれたが「ヒメジ」
楽しませてくれた熱海の魚に感謝















240617アヤ師IMG_0203唯一、竿を出さなかったのがアヤ師さん
何をしていたのか「アヤ師い?」
















240617それぞれIMG_0209全体的は、こんな感じで楽しんで・・・

















240617昼食IMG_0204昼食は、各自が持ち込んで・・・
これはこれで楽しい時間
納竿後は、宿で大反省会?
別行動だった沖釣り師さんの差し入れで「烏賊のごろ煮・しめ鯖」も食卓に上がって美味な反省会???












240617翌日IMG_0214一夜明けて、家族へのお土産を買い込んで帰宅の途に・・・

今回の釣り研修で姿を見せてくれたのは、「ネンブツダイ・キタマクラ」何とも物騒な魚ばかり・・・
秋の和竿展に向けての結団式的な研修会もp無事に完了。






















































































今日の和竿作成(自宅自習24.06.10)

漆風呂IMG_0185今日の自習は、補修中のヘチ竿2本と作成中のヘチ竿3本、同じく作成中の筏竿1本の「錫粉の粉固め」をした。

その前に、各竿の穂先先端から8寸ほどの箇所に「生正味漆」を塗る。
これを終えたら粉筒に錫粉を粉匙で入れて、生正味を塗った箇所に蒔く。
6本の穂先への錫粉蒔きを終えたら「漆風呂」に入れる。
この作業までは三日ほど前に終えていて、今日の粉固めとなった。

先ずは、竿を漆風呂から取り出し、毛先の多い大きな筆で余分な錫粉を落とす。
次に、生正味漆を片脳油で薄めて、錫粉の上に丁寧に塗る。
この作業を終えたら、漆風呂に入れて乾けば粉固めが完了。
なかなか良い感じの作業だったので、気分良く終わった。

livedoor プロフィール
記事検索
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ