不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2012年05月

鱚釣り研修会(24.05.26)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、不漁中年
ゲスト:うなぎいぬさん、Yさん、Tさん,Oさん、Mさん

かねてから計画していた「鱚釣り研修会」は、天気の心配もなく予定通りに実行となった。立会川「小林丸」に8:00に集合し、予定通りに河岸払い。
ポイントは「袖ヶ浦沖」との事で、道中も会話・コップ?が行き交う・・・
そして9:20実釣開始。

240526釣り開始左IMG_0163今日の鱚はどんな歓迎をしてくれるのか?
それぞれの思いを胸に釣り開始
















240526釣り開始右IMG_0165右舷側では、釣り初体験のOさんが、船中第一号を釣り上げご満悦。
しかも、連釣・・・
まだ、仕掛けのセットを終えていないメンバーのいるなかで?
不漁中年も準備未完了。












240526釣り5IMG_0171渓流人さん、フライリールで釣りを楽しんでいた。
しかも、結構な釣果だったらしい
良かった良かった














240526釣り6MG_0172ゲストの大物釣り師のTさん
大物釣り師だけあって、鱚の良型を爆釣。
数も型も申し分なし。















240526釣り2IMG_0168よろず請負人さんは、相変わらずの江戸前スタイルが型にはまって、束には届かなかったが、かなりの釣果とのこと。















240526釣り1IMG_0167置き竿師さんも、当然得意の置き竿釣法で爆釣。
Oさんの指導をしながらも、楽しんでいた。















240526釣り3IMG_0169アヤ師さんは、仕事の疲れも何のその鱚の歓迎を受けながら楽しんで満足そう・・・
















240526釣り4IMG_0170師匠だのみ松さんは、途中船酔いで中断したものの、結果的には一番元気?
釣果もそこそこに楽しんで・・・
イシモチ釣り上げていた。
240526イシモチIMG_0181













240526釣り7IMG_0173ゲストのうなぎいぬさんは、ちと船酔いを心配していたが、何の事はなく釣りに集中・・・
最初は、小物が多かったが良型を連発しご満悦・・・
竿は浜名湖で数々のキビレをゲットしてきた愛竿で、終盤は沖釣り師さんからの和竿で楽しんでいた。











240526天麩羅左IMG_0174そして、正午から楽しみな天麩羅
釣果もソコソコにあり、ベタ凪状態で思わず箸もビールも日本酒も嬉しそう?
いやいや、メンバーの顔が物語ってます。














240526天麩羅右IMG_0175天麩羅は「鱚・海老・穴子・カボチャ・烏賊・獅子唐」で量も多く楽しむ事が出来た。














240526天麩羅全景IMG_0179お腹もクーラーバックも膨れて、午後からの釣りに何が起きるのか・・・

ゲストのYさんが、大きな鮫を水面まで引き上げたところで、ハリス切れ・・・
これを期に、沖上がり(14:30)となった。












240526釣果IMG_0182不漁中年の釣果は頂いた分を含めて、こんな感じ・・・

ゲストの方、メンバー共に楽しい釣りとなり、船長曰く「一日凪なんて事は滅多にない」との事。
無事に立会川に戻りお茶を頂いて解散。



















































今日の和竿教室(24.05.19)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、沖釣り師、不漁中年

240519不漁中年DSC_2631不漁中年の今日の仕事は
ヘチ竿3本の泥棒掃除
ヘチ竿の呂色研ぎと呂色塗り
筏竿の泥棒掃除と芽打ち
でもって作業完了











240519よろず請負人DSC_2627よろず請負人さんの仕事は
印籠芯の選定
畑の手入れ
反省会の肴調理
置き竿師さんの漆刷毛成形の指導
今日も大活躍でした。










240519置き竿師DSC_2623置き竿師さんの仕事は
石鯛竿の尻手取り付けようの錆付け・錆落とし・糸巻き・糸極め
鯊竿の拭き漆
で作業完了











240519沖釣り師DSC_2625沖釣り師さんの仕事は
鯊竿・キス竿の総塗り
アオリイカ竿の矯めと切り組準備
で、作業完了












240519渓流人DSC_2624渓流人さんの作業は
たなご竿の総塗り
その後は山菜天麩羅の下拵え
で完了












240519師匠だのみ松DSC_2626師匠だのみ松さんの仕事は
キス竿の線覆輪
ハゼ竿の拭き漆
ルアー竿2本の口栓作成
で、完了











240519反省会IMG_20120519_160513今日の反省会は
渓流人さんが揚げながら出してくれた「ハリキリ・コシアブラ」
の天麩羅。
同じく同山菜のお浸し
マグロのヅケ風カルパッチョ
玉葱の奈良漬け
鴨汁ヘラヘラうどん
胡瓜の乱切り
どれも美味で楽しい反省会?

和竿展会場下見

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、三番弟子、不漁中年

今年11月で教室開講満6年目となる。そして和竿展を開講2年・4年に実施しており、今年も展示会をとの意見が盛り上がり、三番弟子さんに会場のあたりを付けて貰っていたところ、今回の下見となった。

会場は浅草雷門近くの「浅草西會舘」で、外観は
会場外観IMG_0159


こんな感じで申し分なし
室内も

会場室内IMG_0158


こんな感じで申し分なしといったところ。
そして、日程は11月16日(金)〜18日(日)で決定。
会場を後にして、結団式(つまり飲み会)で決意を新たにして盛り上がる。
それにしても、和竿展に相応しい過ぎるほどに相応しい会場に全員が大喜び。
後は、竿の仕上がり次第か???

詳細は今後検討し、決まり次第にお知らせします。

富津出撃結果(24.05.13)

昨日、大漁青年さんが出撃予定との情報があったので連絡を入れ合流の約束をしてあり、これも楽しみ・・・
てなわけで、早くに目が覚めてしまい暗い内に目張狙い、明るくなったら黒狙いにと思い3:30にポイントへと移動。
今日のお供は、持参した竿の中で一番短い「7尺6寸」のヘチ竿。
はたして、どんな魚が相手をしてくれるのか楽しみ・・・

少しもたついて、結局は明るくなってからの落とし込み開始。
雰囲気は十分なのだが、気配がない。
豆蟹・胎貝を試してみるが音沙汰なしの状況をキープ?
そして、何やら魚信があって豆蟹を取られる。ここでアオイソメに付け替えて同所に落とし込む。
すると矢引ほどで道糸がとまり、しっかり鈎掛かりしたのが、この目張

240513眼張1IMG_0151


20cm弱ではあるが、小気味の良い引きに感謝。
続いて同サイズやら何やら入れ食い状態に・・・
もちろん、リリースサイズも姿を見せて、飽きないどころか楽しい(黒狙いだけにやや複雑?)気分・・・
そして、落とし込んだ道糸を同じく矢引ほどで止めた眼張がこれ

240513眼張2IMG_0153


検寸すると久々の22cmで、これにはビックリ
良型はこれだけだが、満足の一尾
その後は魚信が途絶えて、本命狙いに切り替える。

かなり離れた場所で大漁青年さんも奮闘中なのが見える。
あとで、様子を聞いてみよう・・・

そして、更に進んで豆蟹を瞬時に取られる。
これは、お決まりの「河豚」のはず?
意地になって、もう一度同所に落とし込んで魚信と同時に合わせると

240513河豚IMG_0154


この河豚が姿を現す。が、リリース
見た目、23cmほどか?このサイズになると結構な引きで楽しい?
この後は、大漁青年さんの方へ戻りながらの落とし込み

でもって、棚まで落ちた豆蟹を引き上げながら進もうと思った瞬間にいきなりの魚信で竿先をひったくられる。
これは?と思い、引きを十分に楽しみながらヤリトリしていると、大きなビニールのゴミを巻き込んで、どうするか考えながら引きに耐えいたが、テンションが消える。
姿が見え久々の黒鯛ゲットかと思ったのが間違いか?
ま!魚が居るのが分かっただけでも収穫か・・・

※ N釣具店では「黒鯛:50cm以上、カイズ:49cm〜30cm、それ以下はチンチン」と決めている。

大漁青年さんと情報交換後、落とし込みを続けるも魚信なし・・・
そして大漁青年さんも黒鯛級を痛恨のバラシ。
それでも、黒本番を感じる事が出来て満足な釣行となった。
因みに釣果は、眼張18尾、同じく眼張リリースは多分ッ抜け×2程度か?

大漁青年さんに健闘を祈って撤収。N釣り具店へ行き結果報告後帰宅。
今回、持参した竿を仕上げて、再釣戦するのが楽しみ・・・


























































富津出撃結果(24.05.12)

3:30に目覚ましを待つでもなく目が覚める。
結果的には、その後グダグダと時間が過ぎ4:00出撃とする。
今日のお供は「全竹中通しヘチ竿、8尺7寸」、これは既に本命「黒鯛」との顔合わせは済んでいるので、きっと期待に応えてくれるに違いない?

そんな訳で、ポイントに着いて早速の落とし込み開始。
何という事も、気配も、魚っ気もなく、ただ時間が過ぎて行く・・・
しかも風はぶっつけだし、魚信はないし・・・開始から2時間ほどが過ぎた
と思った時、中通しの穂先から水面までの80cm程の道糸が「ピン」と張る。
そっと聞き合わせると、首振りダンスのお披露目だ。

240512鮎魚女1IMG_0149


この後は、魚信も気配も何もなく小休憩・・・食事、昼寝、ノンビリ?
N釣具店へ行き情報収集
そして、何となく気が向いてお気に入りのポイントで落とし込み再開
落として落として誘って誘っての繰り返し・・・
何とか、魚信が有って控えめな首振りダンスで、姿を現したのがコイツ

240512鮎魚女2IMG_0150


気持ち良く釣れた鮎魚女に感謝。
あ!竿は、全竹中通しから8尺2寸のヘチ竿に交代
その後は、夕マズメに目張を気持ちよく釣って(中目張・小目張12尾)本命ポイントに移動。

移動後は、本気で本命を狙ったものの、風が強く納竿
釣友のSに撤収の連絡を入れ、ラーメン・コーヒー反省会に付き合ってもらってzzz


























































livedoor プロフィール
記事検索
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ