不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2011年08月

今日の和竿教室(23.08.27)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、三番弟子、Shima×2、不漁中年
ゲスト:教室隣のTさん

230827不漁中年DSC_2270不漁中年の今日の仕事は、
ヘチ竿の穂先(直径0.5mm)にミニクロガイドをゴム糊で仮付け。
乾くまでの間は、ヘチ竿手元の石突き用に、象牙の加工。
この作業途中で午前の作業完了。
午後一番で石突きの仕上げ。
そして穂先ガイドの糸巻きで作業完了。
その後、厨房へ・・・









230827置き竿師DSC_2267置き竿師さんの仕事は、
鯊竿3本の研ぎ出し。
皮剥竿のガイド部分に朱漆塗り。
ヘチ竿のガイド取り付けと極め漆。
終わって反省会の肴素材買い出しに・・・













230827師匠だのみ松DSC_2269師匠だのみ松さんの仕事は、
キス竿の中矯め。
鯊竿のヘビ口の取り付け。
鮎魚女竿の糸巻きと極め漆。















230827渓流人DSC_2268渓流人さんの仕事は、
キス竿・ヘチ竿の印籠芯の調整。
全竹ヘチ竿のガイド取り付け。
フライ竿の螺鈿の研ぎ出しと呂色塗り。














230827アヤ師DSC_2275アヤ師さんの仕事は、
ヘチ竿の呂色研ぎと呂色塗り。
鱒竿の穂先にヘビ口取り付けと呂色塗り。
鱒竿の口栓作成。














230827よろず請負人DSC_2272よろず請負人さんの仕事は、
アヤ師さんの山女竿の手入れ。
工作室の床の修理。
庭の畑のトマト・胡瓜等の支柱の撤去やら、抜根作業。
そしてメンバーの指導・シェフにと大活躍・・・












230827三番弟子DSC_2276三番弟子さんの仕事は、
ヘチ竿の糸巻きと極め漆。
竹製の靴べらの成形。
そのご、所用により中座。















230827Shima×2DSC_2277Shima×2さんの仕事は、
鯊竿の呂色研ぎと呂色塗り。
仕上がりが楽しみ・・・
















230827反省会F1240013今日の反省会は
お隣のTさんも参加。
肴は
Tさん差し入れのゴーヤでサラダとゴーヤチャンプル。
胡瓜の胡麻油炒めオイスターソース添え。
冷やしトマト。
胡瓜の青唐味噌。
置き竿師さん差し入れの鯊天麩羅を揚げながら・・・
同じく置き竿師さん差し入れのゴーヤの佃煮。
今日も美味しい反省会でした。

因みに沖釣り師さんからは、自宅自習にて
ガイド取り付けおよび漆塗り4本(鯊竿2本、キス竿1本、笠子竿1本)。
新規作成開始2本(皮剥竿、鰈竿)
との報告あり。



















今日の和竿教室(23.08.20)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、三番弟子、Shima×2、不漁中年

230820不漁中年DSC_2254不漁中年の今日の仕事は、
修理中のヘチ竿の穂先のミニクロガイドの取り付け。
同じく作成中のヘチ竿の穂先のミニクロガイドの取り付け。
14:00頃に終わって反省会の素材買い出しと調理のため厨房へ・・・


230820Shima×2DSC_2265Shima×2さんは、全竹中通しの鯊竿の拭き漆を、よろず請負人さんの指導を受けながら無事完了。








230820師匠だのみ松DSC_2255師匠だのみ松さんは
鮎魚女竿の錆落とし・糸巻き・漆極めで作業完了。
その後、反省会の買い出しに・・・







230820三番弟子DSC_2259三番弟子さんは、ヘチ竿の矯め・小口殺し・糸巻き・極め漆の作業までで完了。
所用により、中座








230820置き竿師DSC_2262置き竿師さんは
鯊竿2本の乾漆研ぎ。
鯊竿の卵塗りの研ぎ出し。
ヘチ竿の拭き漆。
皮剥竿のガイド取り付け箇所漆塗り。
備長炭を使って印籠芯用のスズ竹の矯め。




230820よろず請負人DSC_2252よろず請負人さんは、
置き竿師三の知人の竿のリールシート取り付け箇所修理。
アヤ師さんのヘチ竿のリールシート取り付け指導。
置き竿師さんのスズ竹の矯め作業。
Shima×2さんお拭き漆の指導。
厨房でゴーヤチャンプル調理。
相変わらずの大活躍でした。

230820渓流人DSC_2250渓流人さんは、
フライ竿の呂色研ぎと呂色塗り。
ヘチ竿・キス竿の中矯め。








230820沖釣り師DSC_2256沖釣り師さんは
姫鱒竿他の拭き漆。
キス竿・鯊竿の印籠芯菅込み









230820アヤ師DSC_2257アヤ師さんは
ヘチ竿のリールシート取り付けと極め漆。
ヘチ竿のガイド部分の呂色研ぎと呂色塗り。
鱒竿の蛇口取り付けと極め漆。






230820反省会20110820165126今日は久々(今年初?)にフルメンバーでの開講。
賑やかに、朝から笑いぱなっし・・・
反省会は三番弟子さんが所用により中座したがこんな感じ・・・

庭からの収穫でゴーヤチャンプル(塩味)
胡瓜に日光の青唐味噌添え
胡瓜のごま油炒めオイスターソース添え
冷やしトマト
黒鯛(カイズ?)のソテー、トマトソースたっぷり掛け

楽しい反省会・・・

残暑払い(23.08.18)

出席者:師匠だのみ松、置き竿師、沖釣り師、よろず請負人、渓流人、アヤ師、三番弟子、Shima×2、不漁中年

今日はかねてから予定していたメンバー全員での暑気払い。
開講日より高い出席率・・・
さて新橋駅前に集合を予定し、徐々にメンバーが揃ったところへ「Aテレビですが」との声が掛かる。
どうやら「家飲み会」をするかしないかのアンケートらしい。
持っていた表には横列に「する・しない」、縦列に「20、30、40、50」
どうやら年代別にアンケートを取りたいらしいが、なにせメンバーは全員が還暦過ぎ?
アンケートの答えようがない。メンバーから逆襲を受けて取材陣もタジタジ・・・・
遅れて参加のShima×2さんが居れば答えようも有ったというものの、所詮はアンケートの対象では無かったようで・・・
さて、メンバーが揃って会場に着き、乾杯の後は残暑払いで元気を出そう!!!!
会合中に師匠のよろず請負人さんからメンバー全体への課題、そして個人個人への課題、各メンバーからの当面の抱負などを発表し盛大な残暑払いとなる。
しかも最初から最後の締めまで笑いこけて、良い残暑払いとなりました。
230818残暑払い左DSC01169




















230818残暑払い右DSC01171

富津出撃結果(23.08.12〜22.08.14)

8月12日
今回は夏休みを確保しての富津出撃。
それに広島のヘタ師さんとの合流を予定していて楽しみな釣行となる。
先ずは4:30の目覚ましを待たずに3:30に目が覚めて、いそいそと準備。
快感愛舐め号も気せいか嬉しそう???

そして4:30に自宅発。お盆の渋滞を心配したが、朝早い事もあってこれといった渋滞もなく、小休憩を含めて6:30富津着。埠頭へ行き取りあえず胎貝を確保。
N釣具店へ行き、蟹を受け取りながら情報収集後、ポイントへと移動。

先ずは前回の実績ポイントで前打ち竿使っての落とし込み開始。
二度ほど落とし込んだ後、道糸がふっと止まる。
しっかり合わせるとかなりの手応えで、楽しめそうな感じに嬉しくなる。
そして魚体が見えた瞬間「バキッ」と妙な感触が???
手元の糸巻きの直ぐ上の節のところから見事に折れている。
残りの部分でヤリトリをしたが、無惨にも糸切れ。
230814前打ち竿DSC_2242

快感愛舐め号に戻り、愛竿持ち替えて落とし込み再開。
竿折れは原因は分かるような気がするので、修理(手元のみ作成)するきりないなぁなどと思いながらの落とし込みに集中できない・・・

魚信も気配も無いのだけど、仕方ないか???
そして超お気に入りの場所に着くと、先行者が一人鰺狙いで頑張っている。
おう!これは蟹取り名人の鰺師さんだ。久しぶりの再会に情報交換の会話に花が咲く・・・

その後、付近を落とし込んで反応が無く、やや奥の方まで落とし込んでみたが全くの反応なし。
鰺師さんは撤収らしく、引き上げた後の周辺の落とし込みも駄目駄目状態は変わらず・・・
取りあえず小休憩として撤収する。コンビニで軽食を確保し、食べた後は昼寝zzz

暑さで何となく目が覚めて、N釣具店へ行きストロー虫を追加してポイントへと移動。
竿折れのリベンジを意識した訳でもないが、同ポイントへと快感愛舐め号は進む・・・
早速の落とし込み再開。あそこもここもアッチコッチ落とし込んで疲れるほど?
釣友のSに連絡を入れて、合流時間・場所を確認し移動する。

その前にN釣具店へ行きアオイソメを購入と思ったら、Sの車もあり一緒に移動。
準備を終え、歩きながら情報交換も楽しい時間となる。
ポイントに着くと同業者が二人落とし込み中。どうやら芳しくないらしい。
目仁奈の早い魚信に悩まされているらしい。

Sも不漁中年も、思い思いの場所で落とし込みを開始する。
ところが、全くの反応なしで時間だけが過ぎて行く。
やがて、同業者二人が次々に引き上げて行く。

二人で相談して納竿(22:00)とする。
お決まりのラーメン反省会後、楽しい釣り談義・クロ談義そしてzzz

8月13日
日に続き、目覚ましの鳴る一時間ほど前に目が覚める。
それなら「落とし込む」きりなのだろうと、ポイントへ移動して落とし込みの開始(4:30)
寂しいかな、魚信は無し。気配も無し。あるのは「やる気」だけ・・・

そんな感じで半日が過ぎて、午後は広島のヘタ師さんとの合流が待っている。
君津駅に迎えに行く前に、胎貝を確保して駅に移動。
予定の時間通りにヘタ師さん到着。
快感愛舐め号に荷物を積んで、ポイントへと移動。

早速に落とし込みの開始。
二人で広範囲に亘って落とし込んで、全くの反応なし。
更に繰り返してみても撃沈状態。
ヘタ師さんと離れ戻った時に、ヘタ師さんは1枚ゲット。
その後良型を追釣し、更に変わった魚を釣った?との事で見ると可愛いメッキが
一枚、口いっぱいに貽貝を銜えていた。これは珍しい・・・
そしてヘタ師さんは計3枚をゲットして日没。

快感愛舐め号に戻ると、そこに釣友のSが待っていて予定を相談。
別ポイントに移動する事にして、ヘタ師さんを最寄りの駅に送る事にする。
快感愛舐め号をスタートさせたと同時にヘタ師さんが何やら
「こっち(富津)で、このまま釣りをして泊まって明日帰りたいが?」と連絡を入れている。
どうやら了解を得たらしく、3人で小移動。

新ポイントでヘタ師さんは良型の本命2枚をゲット。
不漁中年は、先ずは玉網級の目仁奈、続いて引き抜きサイヅの目仁奈に相手をして貰う。
そして、ついに本命の魚信で、カイズ30cmが玉網に納まる。
次は引き抜きサイズのチンチン20cmソコソコをゲット。これはリリース
そして潮が下げてソコリになり納竿(22:00)

お決まりのラーメン反省会(2人)、祝勝会(1人)
そして釣り談義に花が咲くと言いたいが、疲れであっという間に爆睡zzz

8月14日
4:30の目覚ましを待たずに何となく2:30頃に目が覚める。
グダグダと時間を過ごしてやがて、3:30。
ヘタ師さんも起きたようなので、ポイントへと移動。

昨日の実績ポイントは潮がスケスケで、やな予感・・・
思った通り、魚信は無く2時間ほどで撃沈玉砕?
納竿(7:00)とした。
N釣具店へ行き結果報告後帰宅。
今回は、釣果よりもヘタ師さんと合流でき楽しい釣行となった。
ヘタ師以外にも。1年ぶりにお会いしたルアーマン・2年ぶりお会いした同業者・蟹取り名人の鰺師の皆さんにとも再会できて本当に楽しい富津の海でした。
感謝感謝です。

230814富津釣果DSC_2241釣果はカイズ30cmがやっとでした。
他リリース:チンチン、目仁奈

今日の和竿教室(23.08.13)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、アヤ師、三番弟子、Shima×2

不漁中年は欠席で、写真リポートを師匠だのみ松さんから、そして朝の収穫写真を置き竿師さんから送付して頂きました。

230813収穫110813_1442~01先ずは今年竿後(「最後」と打ったつもりが?)の庭からの収穫。
トマト・ミニトマト・ゴーヤ・茄子・ジャガイモ
これは、反省会の肴に・・・









230813三番弟子110813_1309~01三番弟子さんは、作成中の孟宗竹の靴べらの生正味塗り。
そしてヘチ竿の芽取り。




























230813よろず請負人110813_1003~02よろず請負人さんは、アヤ師さんのヘチ竿の呂色研ぎと呂色塗り。
Shima×2さんの鯊竿の菅込み・呂色研ぎ・呂色塗りの指導。
畑仕事・肴の準備にと今日も大活躍。


























230813アヤ師110813_1046~01アヤ師さんは山女竿の研ぎと総塗り。
鱒竿・ヘチ竿の拭き漆。
そして畑仕事。



























230813置き竿師110813_1003~01置き竿師さんは、鯊竿の乾漆の研ぎ出し。
皮剥竿のガイド部分の呂色研ぎyと呂色塗り。
鯊竿の卵塗りの研ぎ出し。
反省会の飲み物やら何やらの買い出し・・・


























230816Shima×2110813_1436~010001Shima×2さんは、全竹中通しの鯊竿の菅込み。
呂色研ぎと呂色塗り。




























230813反省会110813_1630~01反省会は庭からの収穫での炒め物やらで大いに盛り上がる。

写真を撮影してくれた師匠だのみ松さんは、自分からう「撮して」が言えず、写真が無くて「鮎魚女竿の組み込みと菅込み」との事でした。

livedoor プロフィール
記事検索
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ