不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2011年07月

今日の和竿作成(自宅自習23.07.07)

230707糸巻き取り付けDSC_2158
大分前に作り出して仕上げていなかった「全竹中通し前打ち竿」が最近気になりだして、仕上げて「潮見せ」をしたいと思い、仕上げに入った。

先ずは、暫く前に作成した「シャム柿製糸巻き」を取り付けた。
白・黒の部分を使って模様だしも計算通りのお気に入りの糸巻き。
取り付けてから漆極め・呂色塗り・呂色研ぎ・呂色塗りまで終えたところだ。
暫く気にしていなかったのに、再開すると早く仕上げたくなるから不思議?

漆の仕上げまでは時間が掛かりそうだが、象牙の糸通しを作成して取り付ければ取りあえず「釣り」の出来る状態になる。
来週の3連休に「潮見せ」出来れば言う事なしなのだが・・・

いままでは「短竿勝負」の落とし込みだったが、長竿だとどんな感じなのだろう?早く富津へ行きたいと思うのは致し方ないところか?

230707糸巻きDSC_2159

今日の和竿教室(23.07.02)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、沖釣り師、不漁中年
ゲスト:Shima×2さん

不漁中年の今日の仕事は、しばらく手を付けていなかった「全竹中通し前打ち竿」の糸巻きの取り付けから開始。
その後、同じ竿の口栓を3個作成して作業完了。

230702不漁中年DSC_2154


よろず請負人さんは、置き竿師さんの知人の和竿のリールシート取り付け箇所を補修。
庭の畑の消毒・追肥、メンバーの指導、反省会の肴調理にと今日も大活躍。

230702よろず請負人DSC_2149


渓流人さんの今日の仕事は、ヘチ竿・キス竿の胴漆の仕上げ。タナゴ竿の菅込み調整と梨子地塗りで作業完了。と思ったが
230702渓流人DSC_2150


作成中だった穂鞘の側面側の竹を割る作業をメンバー注目の中で・・・・

230702渓流人穂鞘DSC_2155



師匠だのみ松さんの今日の作業は、ヘチ竿の呂色研ぎと塗り。キス竿の菅込み調整で作業完了。

230702師匠だのみ松DSC_2146


置き竿師さん今日の作業は、穂鞘の拭き漆。ヘチ竿の総塗り。鯊竿の呂色塗り。
笠子竿・目張竿の矯めで作業完了。そして反省会の買い出し・・・いつもお世話様です。

230702置き竿師DSC_2144


沖釣り師さんの今日の仕事は、鱒竿の総塗り。とはいっても竿4本の塗りはかなりの作業・・・・

230702沖釣り師DSC_2152


ゲストのShima×2さんは、前々回に続いて糸巻きの作業。
前々回より巻き量が多かったが、時間も早くしかも綺麗に巻き上げていた。秋にはこの竿の「潮見せ」・・・

230702Shima×2DSC_2156


反省会20110702170325今日の反省会は
庭の畑の「胡瓜の塩揉み」「ナスの塩揉み」「胡瓜の乱切り」
Shima×2さんから「蒲鉾豆腐」「胡麻豆腐」の差し入れ
置き竿師さんから「手長海老(唐揚げ)」
富津の目張で「エビチリ」ならぬ「メバチリ」
いやいや盛り上がる事、盛り上がる事・・・
230702手長海老20110702170339230702胡瓜20110702170351230702蒲鉾豆腐20110702170413230702メバチリ20110702170402











livedoor プロフィール

不漁中年

記事検索
Archives
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ