不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2010年12月

今日の和竿教室(22.12.11)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、不漁中年


221211不漁中年DSC_1797不漁中年の今日の仕事は、小刀に籐を巻いて一仕事。
その後は、一年間お世話になった「小刀2本、キシャギ1本」を丁寧に研いで予定の作業は完了。
午後、後半は庭の片づけ・・・




221211よろず請負人DSC_1799よろず請負人さんは、メンバーの指導。
そして和竿展使用の作業台の足の手直し。
庭の片づけと大活躍。





221211アヤ師DSC_1800アヤ師さんは、朝から先週出来なかった箇所の枝下ろしに専念。
更に裏庭の枝下ろしにと大活躍。





221211置き竿師DSC_1793置き竿師さんは、鱚竿のガイド部分に呂色塗り。
手長海老竿の拭き漆。
鯊竿の修理。
更に反省会の肴素材・飲料の買い出し・・・




221211師匠だのみ松DSC_1787師匠だのみ松さんは、ヘチ竿・鱚竿の呂色塗り。
ヘチ竿の印籠芯の作成。
後は庭の片づけ・・・





221211渓流人DSC_1792渓流人さんは、全竹ヘチ竿の呂色の研ぎと塗り。
鱚竿の菅込みの調整で作業完了。
後は庭の片づけ・・・





221211枝下ろしDSC_1803無事に庭の枝下ろしを終えてサッパリ・・・
年越しの準備はバッチリ!






221211反省会20101211162500庭が綺麗になって盛り上がっての反省会。
肴は、焼き柳葉魚、冷やしトマト、山芋のごま油焼き醤油・青海苔掛け、湯豆腐のからみそ、胡瓜のからみそ、佃煮他
「からみそ」は冬桜で有名な群馬県は鬼石町のもので、とても美味・・・
更に、来週の熱海での「和竿展打ち上げ」の事やら何やらで大いに盛り上がってお開き。

今日の和竿作成(自宅自習22.12.09)

221209タナゴ竿糸巻きDSC01058221209タナゴ竿糸巻きアップDSC01057和竿展が終わってからこれといった竿作りをしていなかった・・・
ついに何かをしたくなってしまった。
まだ、漆塗りの気分ではなくモヤモヤする。
そこで知人が「高低差のある足下でタナゴを釣りたい」と言われて作り出した「全竹中通しタナゴ竿」の糸巻きを取り付ける事にした。
象牙は既に加工してあったので、竹に接する面の手直しから開始。
何とか密着するように整形を終え、絹糸で丁寧に巻いて取り付けが完了。
極めうるしまでは出来なかったが満足な時間を過ごす事が出来た。

今日の和竿教室(22.12.05)

出席者:よろず請負人、置き竿師、渓流人、師匠だのみ松、渓流人、沖釣り師
遅刻早退:不漁中年

先ずは、よろず請負人さん・師匠だのみ松さん・置き竿師さんで、展示会の荷物の梱包を解いて片づけ。

渓流人さんは、全竹ヘチ竿の呂色塗りと、他の竿に呂色塗り。

221205アヤ師F1000153アヤ師さんは、朝から庭の枝下ろしやら下草の刈り込みなど夕方まで大活躍。











221205師匠だのみ松F1000155師匠だのみ松さんは、ヘチ竿のガイド取り付けと極めうるし。











221205沖釣り師F1000159沖釣り師さんは、数種類の竿に拭き漆と印籠芯の作成数種。











221205よろず請負人F1000148よろず請負人さんと師匠だのみ松さんで材料置き場の片づけ・掃除。












221205置き竿師F1000156置き竿師さんは、鱚竿の呂色塗り。
ヘチ竿の芽取り。











庭の枝おろし中
221205枝下ろしDSC01049221205枝下ろしDSC01046









221205枝下ろしDSC01047








221205ドウダン紅葉DSC01048ドウダンツツジも綺麗に紅葉し、逆光に映えていた。








221205カイズカイブキDSC01044表の通りも綺麗になって・・・








221205終わってDSC01052

富津出撃結果(22.12.04〜22.12.05)

12月4日
前日、帰宅後さっさかさっと準備して富津出撃を考えていたが、仕事の関係で帰りが遅くノンビリと準備。ところが久々の出撃であれは?えーと?と物が直ぐに見つからず、やっと準備完了。でもって出撃かと思えば快感愛舐め号も空腹らしく「スタンド」へ・・・・結局は23:00発。

道中は、もちろん渋滞などなくスイスイ快感状態で富津へ向かう。ところが風が強く、とてもではないが「釣り」が出来る気配さえない???
「困ったなぁ」と思いつつ進んで2:00富津着。

様子を見ると海は荒れ放題に荒れ、飛沫が吹き上げていて埠頭では釣りが来出そうにない。少しでも風裏になるポイントを必死にチョイスして移動。風裏でも「うねり」が凄くちょっと躊躇。と思いつつ落とし込みの開始。
うねりで仕掛けの位置など分かるはずもなく小一時間ほどで断念。3:30zzz

セットした目覚まし6:00に起床。今日は、「潮見せ」の竿を持って渓流人さん、そしてよろず請負人さんが富津で合流予定で、なんとかして「釣れそうなポイント」を探しておきたいと思い、20分程度で場所替えしながら落とし込むものの結果は「サッパリ」・・・

そして、約束の青堀駅で合流したのが8:20頃だったか?その後N釣具店へ行き、赤イソメを仕入れて、取りあえず渓流人さんの念願だった「矢竹」採りに移動。よろず請負人さんからレクチャーを受けてからめぼしい竹を切り取って皮むき後、車に積み込んで移動。

取りあえず仕掛けの準備。よろず請負人さん・渓流人さんのヘチ竿に仕掛けのセットを終えてポイントへと移動。「極秘情報?」では「黒」も釣れているとの事で、楽しみな落とし込みの開始。

ところが大荒れに荒れた後ということもあってか、全く魚信無し。そんな中で、それぞれが「魚信」を感じたり「何か変」と思うだけで時間が過ぎて行く。チヌ鈎4号で小さな「海タナゴ」「大鯊」をゲットしたのはよろず請負人さん。鈎と顔が同じくらいの大きさのタナゴにはビックリ・・・



2212051鮎魚女DSC01036あまりにも魚信がなく小移動。ここで最初の落とし込みに首振りダンスをしながらちょっかいを出してきた鮎魚女がこいつ。21cmでキープ。
あとはフグやらタナゴで意気が上がらず小休憩というか昼食のため大移動。

やってきたのは富津岬の付け根にある「貝柱丼」の美味しい「T」、「S」も美味しいのだが、夏に「T」で残念な思いをしたので、取りあえずTに入る。三人とも「貝柱丼」を注文し、待つ間は「釣り談義」「竿談義」で楽しい時間となる。そして「貝柱丼」と久々のご対面。早速箸を入れると「美味しい」の一言・・・満足して食休みして移動。

お気に入りのポイントで竿が折れるかと言うほどの「引き」を味わっただけで撃沈。朝一のポイントに戻って落とし込み。そして渓流人さんの赤イソメでゲットしたのは刺身サイズの「大鯊」。続けて「大鯊」ゲットで、潮見せのヘチ竿に両目が入る。

2212052鮎魚女DSC01040不漁中年のヘチ竿には何とか「鮎魚女」らしい首振りダンスで32cmが姿を見せる。あとは「チンチン」が一尾で納竿。17:00。
二人に明日の「和竿教室」を休むと伝えて、よろず請負人さん・渓流人さんを誘導しながらそれぞれの方向へ・・・





221205渓流人鯊刺身F1000147そして自宅着まで三時間ほどが掛かった渓流人さんから「無事帰宅」との連絡が入る。
その後、再び渓流人さんからの連絡で、「大鯊」を刺身に一杯?って釣り人の幸せを思いっきり楽しんだらしい。
鯊刺なんて「釣り人」でなければ味わう事が出来ず、その前に「鯊刺」が出来る鯊なんて、そうそう釣れるものでもなく「潮見せヘチ竿」としては上々のスタートを切る事が出来て本当に良かった・・・

そして釣友のSと合流予定だったが、潮が下げすぎて釣りにならず、「ラーメン」「ココア」反省会に付き合ってもらってzzz


12月5日
6:00の目覚ましでバッチリの起床。鮎魚女の実績ポイントへ移動して最初の落とし込みで遠慮がちな首振りダンスをお披露目してくれたのは、見た目15cm程の鮎魚女。これは再会を約してリリース。

その後は、こんなに大きな「アナハゼ」がいるのかと思うほどのアナハゼに遊んでもらった。エイリアン級の風貌に思わず笑ってしまった。かなりのお深場で「チクッ」とした魚信だけにちょっと期待した自分に反省。

そして結構な距離を進んで、深場で強烈な「引き味」だけ残して「大鮎魚女」の姿が消える・・・。昨日も竿を半分まで曲げた鮎魚女・・・まだ「喰い」が浅いのか?ここで埠頭に移動。全く魚信が無く、餌箱やら何やら洗って納竿(9:00)。N釣具店へ行き結果報告後帰宅。
そして帰宅途中で、和竿教室に立ち寄り・・・

221205富津DSC_1783釣果
鮎魚女:32cm、21cm、21cm
キス:19cm
リリース:チンチン・鮎魚女・ギンポ・目張・アナハゼ・タナゴ

livedoor プロフィール

不漁中年

記事検索
Archives
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ