不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2009年11月

富津出撃結果(21.10.31〜21.11.1)

10月31日
和竿教室を終えてから、快感愛舐め号と共に富津へと出撃。
潮の状況から深夜の釣り開始を予定しいたが、途中で釣友のSに連絡を入れると翌日に「用事が出来たので、早めに始めよう」との事になった。
21:00ちょっと過ぎに富津着。Sと再調整し、いつもの「反省会ラーメン」を「作戦会議ラーメン」に切り替え、腹ごしらえしてからの出撃とする。食べながら今日のポイント選び・・・・
そしてポイントへと移動し、思い思いの場所で落とし込みの開始。
ところが、潮がソコリから時間が経っていないのが原因なのかこれといった反応もなく時間が過ぎる。

それでも、進みながらこまめな落とし込みに小さいながらも本命のメバルが姿を見せる。
そしてヘチ竿から振り出し竿に切り替えたのが正解で「糸鳴り」をさせながら良型の目張が姿を現す。が、それも束の間であっという間に魚信が途絶える。

ここ(25:30)で、釣友のSが引き上げる。これを期に日付変更

11月1日
Sの引き上げを期にポイント移動。
ここも前々から気になっていたポイントだが、やはりヘチの落とし込みでは魚信が出ない。振り出し竿に切り替えて誘いあげると中目張が気持ちよく相手をしてくれる。
喰い気のある目張がいなくなったのか、小移動。

この移動途中で、木更津在住のHaさんの車が停まるところに出会う。久々の情報交換が楽しい。そして快感愛舐め号に目張を置いて、再びHaさんと合流。

Haさんは、鰺を狙いながら付近で落とし込みの開始。
こちらは、目張狙いでの落とし込みを開始したものの気配はさっぱりといった感じ。そして唐揚げサイズの目張が掛かり、1尾のアオイソメで13尾の小目張・2尾の小笠子を釣って?からは明るくなり、フグの猛攻で諦める。
Haさんに検討を祈って引き上げ仮眠・・・・

あまりの暑さに目が覚めたのが11:30。まだ疲れが取れてなくグダグダと時間を過ごす。そして遅い朝食(遅過ぎか?)をして、ポイントへと移動。
なにせ風が強く大きな作業船の陰とか、ヘチでも風裏になるポイントは限られ、落とし込みに苦労する。

2カ所目のポイントでは若い二人連れが投げ釣りをしていて、様子を聞くと「ピンクで口の小さな魚が釣れたのですが見てもらえますか?」と言われ、この情報なら「鱚」かと思いながらクーラーバックの中を見せて貰うと17cm前後のタナゴが5尾ほど入っていた。名前が分かって喜んでいた。塩焼きか煮付けか?

更に移動し、短くなったアオイソメにしつこい魚信が出て、小さいながらも昼の本命小鮎魚女の首振りダンスのお披露目、これはキープ。後は魚信が出てもフグの魚信で餌だけを消耗する。この強風の中でフグの魚信が分かれば上等か????
都合3時間ほど落とし込んで夜に備えて再び仮眠zzz

ところが雨音で目が覚め、予報通りであれば今夜中雨。ということで数は釣ったし、Sに連絡を入れ納竿(18:00)とする。そしてN釣具店へ行き、結果報告をして帰宅・・・

211101富津DSC_0531釣果
鮎魚女:21cm  19cm
目 張:21cm〜12cm  36尾
リリース:笠子 2尾  目張5尾

今日の和竿教室(21.10.31)

出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、三番弟子、沖釣り師、不漁中年
ゲスト:サリーさん

今日の不漁中年の仕事は、置き竿師さんと一緒に床の雑巾掛けから始まって、テーブルのセット。そして乾き具合を見ながら漆風呂から竿を取211031不漁中年DSC_0514り出す。すると全竹前打ち竿の一部が乾いていなかったので、漆風呂に霧を吹いて仕舞う。
そして皮剥竿の金箔を貼った箇所に、再度拭き漆を施す。生正味を指で満遍なく塗ってこれを拭き取る。漆風呂に入れて、午前の仕事は完了。
午後一番でヘチ竿の津軽塗り。先週塗った黄漆の上に緑漆を螺旋状に更に赤漆を市松模様に塗って、これを漆風呂入れて完了。後は象牙を使って糸通しを作成開始したところで完了。


211031よろず請負人DSC_0504よろず請負人さんは、穂先用の 矯め木をメンバーのために作成開始。
穂先の布袋竹は細く、従来の矯め木で矯めるのは難しく、専用の矯め木が必要で、それを作成。


211031置き竿師DSC_0516置き竿師さんは、皮剥竿に貼った金箔の一部補修。そして先週炭粉の粉止めした箇所は感じよく仕上がっていた。
その後は、数ある竿の拭き漆をして作業完了。



211031渓流人DSC_0503渓流人さんは、先週撒いた魚々子塗り用の種子を取っていた。更に取った後の表皮を錐を使って綺麗に取り除いてこの作業は完了。
その後は渓流竿の菅込み作業。


211031三番弟子DSC_0513三番弟子さんは、津軽塗りの研ぎ出しで一仕事を終え、その後は石鯛竿用の矯め木の作成。
竿も太く、道具立ても大仕掛けになり大変だと思うが、今後の進捗が気になる作業だ。


211031沖釣り師DSC_0509「今日は、特にする事が無いよ」と言いながら、教室に来た沖釣り師さんは、拭き漆部分の補正作業をしていた。



211031師匠だのみ松DSC_0518師匠だのみ松さんは、手長海老竿の手元の菅込み作業。
籐巻きの寸法も合わせて考慮しながら検討していた。



今日はゲストのサリーさんが14:00ちょっと過ぎに来所。
来て早々に、よろず請負人さんとサリーさん・不漁中年の3人で近くのスーパーへ買い出しに出かける。
211031サリーDSC_0524実は30日に教室のメンバーが鯊釣りに出かけ、その釣果を置き竿師さんが差し入れ、そして旅行に出かけたよろず請負人さんから宅配で地酒を教室に託送してくれたので、これで懇親会をするための買い出しでした。鯊は下処理をしてあり唐揚げに、そして沖釣り師さんから差し入れしてもらっていた益子醤油を使った浅漬け。不漁中年得意の長芋のごま油焼き青海苔・鰹節掛け、買い出しした刺身2点盛りで宴の開始。
時の経つのも忘れての笑いの渦に全員が巻き込まれて楽しい時間となった。
livedoor プロフィール

不漁中年

記事検索
Archives
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ