不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

2009年02月

今日の和竿教室(21.02.28)

出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、師匠だのみ松、、沖釣り師、渓流人、不漁中年

不漁中年の今日の仕事は、置き竿師さんと一緒に床の雑巾掛け、そしてテーブルのセット。そして漆風呂から漆の乾き具合を確認しながら竿を出す。なん210228不漁中年6317と、不漁中年の竿は乾いていない。確かに絞漆を厚く塗った覚えがあるので、仕方のないこと。漆風呂に霧を吹いて再び竿を入れる。
そしてよろず請負人こと師匠が持ってきた「削り穂」と素材・工具の説明を受ける。なかなか大変な作業に思えるが、一段落したらヘチ竿の穂先を作ってみたい。
その後は、富津の釣友Sに頼まれて入手したグラス素材に付ける手元の破竹の糸巻きをする。最近は慣れて短時間で巻けるようになってきた。後は、節磨きで今日の作業完了。

210228よろず請負人6322よろず請負人こと師匠は、色々な作業を手伝ったり、削り穂作成用の工具を研いだりと忙しそうだった。



210228渓流人6321いつもの時間を遙かに過ぎた時「これから向かいます」との連絡が入った渓流人さんは、2本仕舞の尻栓の作製。これは、仕舞った時の姿がきっちり納まるかがポイントの作業。流石に丁寧な作業。


210228置き竿師6316置き竿師さんは、竹刀竿に取り付けたガイド部分のろ色漆を塗っていた。そろそろ仕上げに入るらしい。その後は、乾漆塗り用の「石地」を作るためにガラス版に色粉と朱合漆を練って、延ばして漆風呂に入れて作業完了。

210228師匠だのみ松6320師匠だのみ松さんは、漆塗りを終えて、漆の付着した皿の掃除、お陰で綺麗な皿になりました。

 


2102228沖釣り師6315沖釣り師さんは、沢山ある公魚竿の研ぎとろ色漆を塗って、作業完了。研ぎも神経を使うが、塗りも気を使うので、見ていても疲れそう・・・



今日は、ゲストとして時々遊びに来てくれるサリーさんからの、蒟蒻の差し入れがあり美味しく頂きました。サリーさんご馳走様でした。暖かくなったら教室にも遊びに来て下さい。全員で歓迎します。
210228椿6319教室の庭の福寿草が散り始めて、代わりに椿が一輪、葉裏に咲いていました。

今日の和竿教室(21.02.21)

出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、師匠だのみ松、、三番弟子、アヤ師、不漁中年

不漁中年の今日の仕事は、例によって置き竿師さんと一緒に床の雑巾掛け、そしてテーブルのセット。その後、漆風呂から乾き具合を確認しながら竿を取り出す。一部乾いていない竿をそのまま漆風呂に入れて作業開始。

210221不漁中年6304広島のヘタ師さんから頼まれていた穂先の線覆輪は無事に乾いていた。これでやっと完成だ。なんとか送ることが出来そうだ。自分的には満足な出来映えだが、問題は目張を寄せ付けてくれるか?どうか?ヘタ師さんの腕に期待するきりない・・・
そして同じく先週山立てのつもりで塗った漆が中途半端に乾いてしまったので、再度絞漆を作ってヘチ竿に塗り、30分待って山立て・・・の積もりが表面が乾いていなかったので、更に20分ほど漆風呂へ入れて山立て完了。その後は、次のヘチ竿の矯めと節磨きで今日の作業は完了。

210221よろず請負人6306よろず請負人こと師匠は、置き竿師さんの漆刷毛の刷毛下ろしを作業中。




210221アヤ師6305アヤ師さんは、次のろ色漆を塗るために前回の漆面を研ぎ出し中。この作業が漆塗りの結果に大きく影響する大切な作業だ。凹凸を無くして出来るだけ平面的に仕上げることがポイント。


210221三番弟子6310
三番弟子さんは、江戸鑢の目を清掃中。時々はこのように手入れをすることで、作業がスムースに出来るか出来ないかの差になる。



210221置き竿師6308置き竿師さんは、インロー芯を作成中。これも曲がりを矯めて、菅込みに気を使う重要な作業。竿の応力が集中する場所だけに丁寧な仕事が要求される。

 

210221師匠だのみ松6309師匠だのみ松さんは、一部割れた穂先に仮巻きの作業。これといって無理な矯めを行ったわけでもないのに割れたらしい。鯊竿なので糸巻き後、漆で仕上げれば大丈夫・・・


210221渓流人6299渓流人さんは、2本仕舞いにする竿の中側を削る作業中。微妙な分を削って徐々にサイズを合わせてゆく。相変わらず丁寧な作業をしている。



今日のお昼は、よろず請負人こと師匠の手作り蒟蒻の味噌田楽が差し入れがあり、食後の美味しい一品となる。蒟蒻芋から作った蒟蒻は美味しく、後をひく田楽となった。
師匠、ご馳走様でした。

210221福寿草6313今週は咲くかと思った椿の蕾は固いままで、福寿草は全開で春の訪れを訴えていた。

ツリバナの木

1月の末に知人から「マイ箸」を貰った。それは長からず短からず、重からず軽からず程良いサイズの箸で手に馴染み使いやすそうな箸。しかも素材が「サオの木」と言うことで嬉しいやら、ビックリするやらでいっぺんに気に入ってしまった。
この「サオの木」について和竿教室で師匠に聞くと、「知らない」という。そして逆に「浮釣木(ウキツリボク)を知っているか?」と聞かれた。「赤い花で一年中咲いていて、蔓性」との事。そっかぁ・・・○王線○塚駅から会社までの通勤ルートに咲いてい花がそうでした。前から気になっていて携帯で撮影したりしていたので、名前が分かってスッキリ・・・    浮釣木全景                                                             浮釣木アップ

 




    そして今日(2月20日)の○京新聞に「ツリバナの木」と言うのが掲載されていた。なんでも北海道の印章業者が地元産の「ツリバナの木」でオバマ大統領とミシェル婦人の似顔絵と名前の入ったはんこを制作して国務省を通じて夫妻にプレゼントするとの事。
このはんこより「ツリバナの木」と言うのが気に入っただけなのだが、多分「吊り花」なんだと思うけども「釣花」と考えて楽しみたい不漁中年・・・困ったもんだ

「サオの木」「浮釣木」「ツリバナの木」全く次から次へと刺激的な言葉に襲われている今日この頃・・・しかも、知人は「サオの木」とは知らなかったとか???

今日の和竿教室(21.02.14)5

出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、師匠だのみ松、、三番弟子、アヤ師、不漁中年

不漁中年の今日のお仕事は、置き竿師さんと床の雑巾掛け・テーブルのセット。そして漆風呂から先週漆を塗った竿を取り出す。三番弟子さんが先々週に漆を塗った2本の穂鞘が乾いていなかった。他の竿は全て乾いていたのに、どんな加減なのだろう?

210214不漁中年6296そして全竹中通しの穂先の節抜きの練習をしたが、思うようにいかず本日はこの作業を断念。続いて、広島のヘタ師さんから頼まれていた穂先の線覆輪を書き込む。ところが、これが思うようにいかず、かなり手こずる。線覆輪を書き終えてから覆輪筆を作り直したが、次回は上手く引けると良いのだが・・・
更に、作成中のヘチ竿に絞漆を作って山立てを施して今日の作業は完了。

210214よろず請負人6297よろず請負人こと師匠は、漆の塗り見本の箱にアクリル板を蓋にすべく加工していた。この結果、更に素晴らしい標本になった。


210214師匠だのみ松_6294師匠だのみ松さんは、竹刀竿に呂色漆を塗り、その後ヘチ竿に絞漆を作って山立てをして作業完了。



210214三番弟子6291三番弟子さんは、漆の乾いていなかった穂鞘の加工をしていた。1本は乾いていたと判断したが、どうやら表面だけ乾いていただけらしい。結果的には2本とも漆を拭き取ってしまった。

210214置き竿師6289置き竿師さんは、竿に呂色を塗ってから、家で糸巻きをしてきた竿の糸がほどけていたため、一部まき直しをした。


210214アヤ師6293本日は遅れて参加するとの連絡があったアヤ師さんは、呂色を塗るための研ぎ出し作業中。研ぎすぎても駄目だし、可能な限り凹凸を無くすように研ぐのがコツ・・・


今日は、月に一度の反省会。よろず請負人こと師匠が「しめ鯖」を作り、その上美味しいキムチの差し入れ。不漁中年は、師匠だのみ松さんと買い出しに出掛け、水炊きの材料を購入。教室に戻り水炊きの仕込み、そして富津の「若布の生姜醤油和え」を準備。アヤ師さんからは、マグロの「生ハム」と鮎の開きを差し入れしてもらう。どれも美味で、美味しいらしい?(不漁中年は下戸ですが皆さんは左党)お酒で、竿作りやフィッシングショーで見たこと聞いたことなどの会話に花が咲く・・・

花といえば、庭の福寿草も暖かさに誘われ思いっきり開いて春を満喫しているかの様だった。椿も蕾がほころび始めていたので、次回の教室では咲いているかもしれない。210214福寿草6285210214椿蕾6288

フィッシングショー

参加者 よろず請負人、置き竿師、アヤ師、三番弟子、渓流人、不漁中年

今日は、各人がそれぞれに都合をつけて、「みなとみらいパシフィコ横浜」に15:00集合。

そうなんです。今日は国際フィッシングショーに和竿教室のメンバーで行ってきました。ところが、去年に比べ「和竿」のコーナーが激減しててガッカリ。確かにルアー系統の釣りに人気があるのは分かっているけど、日本古来の和竿の素晴らしさを伝える良いチャンスなのにちょっと残念。

集合時間より早めに着いたので、ざっと一回りすると約束の15:00になり、入り口に行くとポツポツとメンバーが集まってくる。全員が集合し再度16:00集合の確認をして、それぞれ思い思いの場所に散る。

不漁中年は、よろず請負人こと師匠と一緒に見て回る。そしてたどり着いた「江戸和竿」のブース。ここの展示は相変わらずの素晴らしさで目を見張る物があった。とても作れそうにない細竿のインロー芯はどのように取り付けたのだろう?あの漆塗りは?などと感心することばかり・・・

他の和竿の展示も見ながら師匠に解説して貰ったり、質問したりで良い勉強になった。去年見て気になっていた「鳩ヶ谷・川口」の和竿の展示が見つからなかったのは残念だった。もしかすると出展してなかったのかもしれない。

16:00になり再度全員集合し、みなとみらい駅近くの「蕎麦屋」で軽く懇親会をして無事終了。

livedoor プロフィール
記事検索
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ