富津通いも今月でいよいよ29年目となる。
どんな魚が楽しませてくれるのか、楽しみな出撃となる。

ポイントに着いて様子を見ると、やや強めの南風、波っ気もあり黒向きの状況ワクワク・・・
そして、期待感充分に落とし込み開始。
一尋ほどの位置で夜目にもはっきり道糸が止まる。そして合わせると強烈な引きでドキドキのヤリトリがあったものの痛恨の道糸切れ・・・

260713チンチンIMG_0662気を取り直して、ハリスを結び落とし込みを再開。
なかなか魚信もなく時間が過ぎてゆく。
そして、豆蟹を矢引ほど落とし込んだ時にふっと穂先が延びる。
聞き合せると。しっかりとした引きでチンチン28cmが無事に玉網に収まる。
締めてキープ。











260713フッコIMG_0663その後は。これといった魚信もなく・・・
小指の爪ほどの豆蟹に何かがちょっかいを出してきたが、どうも様子が違うと思ったらフッコ50cm。
この時期のフッコは美味しいのでこれも締めてキープ。













260713チンチンIMG_0662その後は・・・
そして潮がソコリ近くになった時、相手をしてくれたのがカイズ34cm。
ふっくらとして、サイズの割にはパワーもあって楽しませてもらった一尾に感謝。

その後は気配もなくなり納竿。

3尾の魚は「ペルー風カルパッチョ」となって会社のお昼に差し入れとなりましたとさ・・・