さて、今日こそは本命をと気合い十分に目が覚める。
約束の時間には早いがポイントへと移動。
まだ、誰もいない。今日のお供も胴調子短竿、何とかしてこの竿で本命をゲットしたいものだ。

先ずは、豆蟹で落とし込みを開始する。
餌取りもいないようで、そのまま帰ってくる。
これを繰り返しながら進んで行く。

そして、かなりの距離を進んで矢引ほど落とし込んだ豆蟹に飛びついたのはカイズ40cm。
胴調子の竿は、ヤリトリを十分すぎるほどに楽しませてくれる。
玉網に入るまで、ドキドキ状態が続く。そして写真撮影したはずが、無い。
寸の割には体高がって、綺麗な本命に感謝。
(帰宅後、刺身にしたら身が飴色で美味)

この後、広島のヘタ師さんが追いついてきて合流。
竿やら仕掛けやら、竹の事など楽しい釣り談義で楽しい時間を過ごす。
そして健闘を祈って納竿(8:00)

餌箱やら何やら洗ってから、N釣具店へ行き結果報告後、帰宅。