忘れていたが、今月は富津通い28年目に突入。
さて、今回はどんな魚が楽しませてくれるのか?

帰宅後、快感愛舐め号に着替え・竿を積み込み、さっさかさっと出撃。
高速埼玉線はスイスイと、荒川を渡ってからはワイパーが間に合わないほどの「土砂降り」、これには参った。
料金所を過ぎて小降りとなり、後は問題なく富津着。
今日のお供は「8尺5寸 先調子 ヘチ竿」だ。

先ずは、お気に入りのポイントで落とし込み開始。
これと言った魚信も気配もないが、落とし込みが出来るという満足感は十分・・・
流石に諦めて小移動。

250718チンチンIMG_0465快感愛舐め号を停めて、ポイントと移動。この道すがら落とし込みながら進む。
そして何回か落とし込んだあと、矢引ほどの棚で夜目に僅かに見える道糸が肩の力をフッと抜いたように止まる。
そっと聞くと「コツコツ」を反応があり、合わせると小さながらも本命が姿を現す。
これは塩焼きサイズだがキープ。

更に進んで、
本命ポイントに到着。
落とし込んでも落とし込んでも、全くの気配無し。
道具類から離れて落とし込んでいる最中にもの凄い北風で、豆蟹を入れた逆さ桶がひっくり返っていて豆蟹が行方不明?
5尾ほどを回収したものの諦めて、納竿(26:30)
ラーメン・コーヒー反省会もなくzzz