昨日、大漁青年さんが出撃予定との情報があったので連絡を入れ合流の約束をしてあり、これも楽しみ・・・
てなわけで、早くに目が覚めてしまい暗い内に目張狙い、明るくなったら黒狙いにと思い3:30にポイントへと移動。
今日のお供は、持参した竿の中で一番短い「7尺6寸」のヘチ竿。
はたして、どんな魚が相手をしてくれるのか楽しみ・・・

少しもたついて、結局は明るくなってからの落とし込み開始。
雰囲気は十分なのだが、気配がない。
豆蟹・胎貝を試してみるが音沙汰なしの状況をキープ?
そして、何やら魚信があって豆蟹を取られる。ここでアオイソメに付け替えて同所に落とし込む。
すると矢引ほどで道糸がとまり、しっかり鈎掛かりしたのが、この目張

240513眼張1IMG_0151


20cm弱ではあるが、小気味の良い引きに感謝。
続いて同サイズやら何やら入れ食い状態に・・・
もちろん、リリースサイズも姿を見せて、飽きないどころか楽しい(黒狙いだけにやや複雑?)気分・・・
そして、落とし込んだ道糸を同じく矢引ほどで止めた眼張がこれ

240513眼張2IMG_0153


検寸すると久々の22cmで、これにはビックリ
良型はこれだけだが、満足の一尾
その後は魚信が途絶えて、本命狙いに切り替える。

かなり離れた場所で大漁青年さんも奮闘中なのが見える。
あとで、様子を聞いてみよう・・・

そして、更に進んで豆蟹を瞬時に取られる。
これは、お決まりの「河豚」のはず?
意地になって、もう一度同所に落とし込んで魚信と同時に合わせると

240513河豚IMG_0154


この河豚が姿を現す。が、リリース
見た目、23cmほどか?このサイズになると結構な引きで楽しい?
この後は、大漁青年さんの方へ戻りながらの落とし込み

でもって、棚まで落ちた豆蟹を引き上げながら進もうと思った瞬間にいきなりの魚信で竿先をひったくられる。
これは?と思い、引きを十分に楽しみながらヤリトリしていると、大きなビニールのゴミを巻き込んで、どうするか考えながら引きに耐えいたが、テンションが消える。
姿が見え久々の黒鯛ゲットかと思ったのが間違いか?
ま!魚が居るのが分かっただけでも収穫か・・・

※ N釣具店では「黒鯛:50cm以上、カイズ:49cm〜30cm、それ以下はチンチン」と決めている。

大漁青年さんと情報交換後、落とし込みを続けるも魚信なし・・・
そして大漁青年さんも黒鯛級を痛恨のバラシ。
それでも、黒本番を感じる事が出来て満足な釣行となった。
因みに釣果は、眼張18尾、同じく眼張リリースは多分ッ抜け×2程度か?

大漁青年さんに健闘を祈って撤収。N釣り具店へ行き結果報告後帰宅。
今回、持参した竿を仕上げて、再釣戦するのが楽しみ・・・