この週末は、和竿教室の大掃除と大反省会・・・
なので、差し入れに「鮎魚女のナメロウ」をと企んで富津出撃

前夜、富津入りした時は潮がソコリで釣りにならずZZZ
そして、何とはなしに目が覚めて準備を終え埠頭へと移動する。すると広い埠頭に誰もいない?これは一人勝ち?か全然釣れなくて釣り師が居ないのか?
なんて悩む時間は、当然のようにあり得るはずもなく頭の中は「一人勝ち」でいっぱいに満たされている不漁中年???

早速、落とし込みの開始。
残念ながら何の反応もなく時間が過ぎて行く・・・
ここで、小移動を3回ほど繰り返して撃沈

大きく移動しても、魚の反応は全くない。
そして、着底したアオイソメにちょっかいを出してきたのは木っ端鰈

231215IMG_0050

反応のない海から姿を見せてくれた嬉しい1尾に大感謝。これは、大きくなってからの再開を約束してリリース。
そして、落とし込みの道糸がふっと止まって、聞き合わせると小さな魚の反応が・・・
ヤリトリをすると言う事もなく、小目張が姿を見せる。

231216小目張IMG_0052

その後も、同サイズが5尾ほど年末の挨拶に顔を出したが、会いたくもないので即お帰りを願う?
なんやかんやで潮がソコリになり、コンビニで買い出しして遅い朝食というか朝昼食をとって昼寝zzz
目が覚めると睡眠は十分、気力も十分、やる気なんて体からおふれ出す程の釣欲満々状態。
待望の夕マズメ狙いの落とし込み開始。
何回か落とし込んだ後の魚信で恥じらいながら「首振りダンス」をお披露目してくれたのが、この鮎魚女

231216鮎並女IMG_0054

やっと、キープ出来そう?う〜ん27cm程か?
その後は、全く反応が無く日没。目張狙いに切り替えても反応が無く納竿とし、合流予定の釣友Sに撃沈の旨連絡を入れてzzz