6月9日
今週末は師匠「よろず請負人さん」の誕生会が予定されおり、何としても「黒鯛」の差し入れをしたいと思い代休と休暇を確保。
前日、帰宅後にノンビリと準備して快感愛舐め号とともに富津へと出撃。道中はスイスイと進み0:15富津着。

早速、ポイントへと移動し、目張狙いで落とし込みの開始。「無風完璧な凪状態」この条件は「凪を釣れ」言われる目張でもなかなか渋い。少しは風があって波っ気が有った方が釣れるような気がする。
ここは、前回爆釣したポイントだったが気配もなく小移動。


クロを狙ってのアカイソメで落とし込みの開始。全く反応なしでアオイソメに切り替えて目張狙い。これは正解で飽きない程度に目張が姿を見せ始める。ところが、一カ所で2尾程度の魚信で移動しながらの探り釣り。
これはこれで楽いし時間となる。

魚信が途絶えて、小移動する前にアカイソメに付け替えて秋口に良い思いをしたピンポイントに落とし込むと何やら生体反応が出て、ぐいぐいと力強い引で「本命だ」と確信した瞬間に穂先からテンションが消える。
それでも本命のいる事が分かっただけでも収穫があった。東の空が明るくなり小移動。

移動した場所も潮がスケスケでこれといった反応もなく、眠気が襲ってきて取り合えず休憩・仮眠zzz
一時間ほどで目が覚めて埠頭へ移動。いやいや「エギング」が真っ盛りで落とし込む余地がない。
諦めてN釣り具店へ行き情報収集・・・そして待望の夕マズメ

230610目仁奈DSC01140心機一転の落とし込み再開。
ここで相手をしてくれたのは、目仁奈・大タナゴ・小目張・デキ鮎魚女・・・
そして、テンション?
本命の魚信で岸壁際に道糸を擂られて道糸切れが3回。あとは潜水艦でも掛けたか?と思うような引きでバラシが一回。
そうこうしている内に、釣友Sとの合流時間が迫り移動。

合流後、一緒にポイントへ向かうと同業者が一人落とし込んでいる。潮は上げてきていて良い雰囲気だが、先日に引き続き相変わらずの凪状態。
厳しい落とし込みながらも、楽しい時間を過ごせて「釣りをしている」を体で実感する。
目張が飽きない程度に掛かるので、そこそこに楽しい。とはいってもSは明日仕事だしということで、23:00納竿。恒例の「ラーメン・コーヒー」で反省会、釣り談義後zzz

6月10日
目覚ましは3;30にセットしてあり、前夜の寝不足もあり自分ながら疑心暗鬼であったが、しっかりと目覚めて大急ぎでポイントへと移動。
胎貝でも落とし込みを開始。これといった魚信も気配もなく・・・
そして、落とし込んだ胎貝を引き上げると、これを追ってきたフッコが水面から飛び出したのにはビックリ!
2時間ほどの落とし込みに反応したのは、このフッコのみで6:00納竿。
埠頭へ移動して餌箱を洗いたかったがエギングの花が満開で断念。ちょっと移動して洗った後、N釣具店へ行き結果報告後、帰宅。

230610富津DSC_2099釣果
目張:20cm〜12cm 43尾
ソイ:18cm、17cm
鱚:20cm
リリース:タナゴ・目仁奈・目張(かなりの数)・鮎魚女