出席者:置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、不漁中年

230521不漁中年20110521103116230521不漁中年20110521111800不漁中年の今日の仕事は、先ずはヘチ竿の拭き漆と、矢竹穂先のヘチ竿の拭き漆。
これはピカールで軽く磨いて洗剤で洗って、生正味漆で拭き漆をして漆風呂に収納して完了。
午後からは、最近作成開始したヘチ竿の手元・手元上の菅込み作業。
先ずは手元上に中芯を入れるため、仮巻きをして柳刃で中を浚う。その後、中芯をいれて午前の作業が完了。
午後から、手元の菅込み部分の罫引き、キシャギ・成形で作業完了。

230521渓流人20110521143332230521渓流人20110521094853渓流人さんは、ヘチ竿・鱚竿の拭き漆。
フライ竿の呂色の研ぎと塗り。
タナゴ竿の切り組で作業完了。












230521置き竿師 20110521094113230521置き竿師20110521143318置き竿師さんは、鯊竿2本とヘチ竿の呂色塗り。
皮剥竿の拭き漆。
手長海老竿の覆輪。
他にキシャギ・糸巻きの作業で全て完了。











230521師匠だのみ松20110521104922230521師匠だのみ松20110521143247師匠だのみ松さんは、鯊竿とヘチ竿の呂色研ぎと呂色塗り。
鯊竿の節磨きで作業完了。


今回は出席者が少ない事もあって、反省会は中止。
次回の楽しみと言う事で・・・