出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、不漁中年

不漁中年の今日の仕事は、先ずは矢竹穂先のヘチ竿の津軽塗り部分に梨子地漆で拭き漆。終えたら漆風呂へ入れて一作業完了。
次は、今日よろず請負人さんから受け取った筏竿とヘチ竿用の破竹の根付きの根の整形。これが結構時間が掛かって、午後中盤まで掛かる。
そして筏竿の布袋竹の芽取りをして作業完了。
230416不漁中年DSC_2007

よろず請負人さんは、畑仕事から始まってメンバーの指導。
置き竿師さんの穂鞘の中抜きやらアヤ師さんの山女竿の罫引き・キシャギ。
反省会の肴素材買い出しと調理にと今日も大忙し。
230416よろず請負人DSC_2010

置き竿師さんは、皮剥竿の総塗り。手長海老竿のガイド部分に赤漆塗り。
鯊竿の呂色研ぎと呂色塗り。そしてヘチ竿の螺鈿塗りの貝粉を一つ一つセット。
そして反省会の肴の素材買い出し・・・
230416置き竿師DSC_2014

渓流人さんは、フライ竿の螺鈿の研ぎ出しと呂色塗り。そしてキス竿の拭き漆。
ヘチ竿の拭き漆。タナゴ竿の穂先(竹製)の整形、これは先端を0.4mmまで細くする大変な作業・・・
230416渓流人DSC_2005

師匠だのみ松さんは、ヘチ竿の呂色塗り。
別のヘチ竿の切り組で作業完了。
230416師匠だのみ松DSC_2006

アヤ師さんは、鱒竿の手元に籐巻き。
山女竿の罫引き・キシャギで作業完了。
230416アヤ師DSC_2011

庭のドウダンツツジも咲き出していた。
230416ドウダンツツジDSC_2015


230416反省会20110416165149今日の反省会はオニオンスライス・烏賊のバター焼き・薩摩揚げ焼き・魚肉ソーセージ・竹輪と胡瓜の乱切り、冷や奴をピリ辛味噌・生唐辛子・辛味噌で頂きながら・・・