出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、アヤ師、沖釣り師、不漁中年

不漁中年の今日の仕事は、先ずは広島のヘタ師さんのヘチ竿のリールシート部分の弁柄漆を研いで塗り重ねて一仕事。
次に、同じくたのまれもののタナゴ竿の線覆輪を書き込んで一仕事で午前の仕事完了。
午後からは、矢竹穂先のヘチ竿の山立てをして漆風呂へ・・・
その合間に、寒竹の穂先に割れ止めの糸巻きをして全ての作業完了。
230306不漁中年DSC_1961

よろず請負人さんは、庭の畑の土起こしを手始めに?
矯めの練習用の竹の芽取り
アヤ師さんの「矯め」の指導。メンバーのガイドの取りそろえ。
その他、メンバーの指導やら厨房で大忙しの一日でした。
230306よろず請負人DSC_1954

卵の殻塗りの研ぎと生正味塗り。
ヘチ竿の手元・手元上・穂先・穂持ちの菅込みと印籠芯の菅込み。
鯊竿(中通し竿)2本の節抜き、反省会の買い出し・・・
230306置き竿師DSC_1952

沖釣り師さんは、ヒラメ竿3本の拭き漆。
鱒竿の拭き漆で作業完了。
230306沖釣り師DSC_1948

師匠だのみ松さんは、ヘチ竿の呂色研ぎと呂色塗り。
全竹ヘチ竿の切り組、矯め、節磨きで作業完了。
230306師匠だのみ松DSC_1951

アヤ師さんは、鱒竿の総塗り。ヘチ竿の拭き漆。
ヤマメ竿の矯めで作業完了。ここのところ早出の続いたせいか食後はzzz
230306アヤ師DSC_1950


230306椿DSC_1958230306福寿草DSC_1956福寿草は満開に、そして椿も咲き出してこれからが楽しみ・・・




230306反省会20110306165828いつもになく一生懸命
に作業をしていたので「肴」はサンマの丸干し、鯨のたれ、白菜・諸々の炒め物・芥子菜・鯨の大和煮。
結構、盛り上がってお開きに・・・