出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、不漁中年
ゲスト:サリーさん、ピカミーさん、

不漁中年の今日の仕事は、先ずはタナゴ竿の覆輪を書き込んで一仕事完了。
次は、広島のヘタ師さんのヘチ竿のリールシート部分の弁柄を研いで塗り重ねて完了。
午後から、矢竹穂先のヘチ竿を拭き漆で、予定作業完了。厨房へ・・・・

230226不漁中年DSC_1923



よろず請負人さんは、合間を見て庭の畑再開にむけて土起こし・・・
アヤ師さんの山女竿の「矯め」のお手伝いやら、ゲストの対応など、今日も大忙しの一日。

230226よろず請負人DSC_1934



渓流人さんは、全竹ヘチ竿の津軽塗りの研ぎ出し作業。
研ぎすぎても足りなくても満足できないが、どんな模様になるか楽しみな作業。
この後、穂鞘の罫引き・キシャギ・糸巻き・決め漆で作業完了。

230226渓流人DSC_1928


置き竿師さんは、卵貼り塗りの研ぎ出しと呂色塗り。
手長海老竿のガイド取り付け。
皮剥竿の呂色研ぎと呂色塗り。そして反省会の買い出し・・・

230226置き竿師DSC_1927



師匠だのみ松さんは、ヘチ竿の拭き漆。
万能竿の糸巻き・決め漆で作業完了。

230226師匠だのみ松DSC_1929


アヤ師さんは、ヘチ竿の拭き漆と呂色塗り。
ヤマメ竿の矯め作業で予定の作業完了。

230226アヤ師DSC_1936


ゲストのピカミーさんは、よろず請負人さんから竿の説明や、漆の塗り見本の説明を受ける。
その後、サリーさんと一緒に反省会に参加。盛り上がりました・・・

230226ピカミーDSC_1937


230226反省会CALCY928

230226不漁中年2DSC_1943
今日の反省会は
「ガザミの鍋」「蕗味噌」「鮫の心臓の刺身」「湯豆腐のピリ辛葱添え」「海ブドウ」「島ラッキョウ」「芽株のポン酢和え」「白菜・芥子菜の漬け物」で大いに盛り上がって、雑炊でお開き・・・

庭には「福寿草」も咲いて「春」を告げていた。230226福寿草DSC_1930