出席者:置き竿師、師匠だのみ松、アヤ師、沖釣り師、不漁中年
ゲスト:サリーさん

今日はじぇい師匠が所用により不在で、弟子の自主開講。
例によって、床の雑巾掛け・テーブルの設置諸々を終えて作業開始。

不漁中年の今日の作業は、ヘチ竿の線覆輪だ。
先ずは、漆濾し器で「ろ色(黒色)漆」をこんな感じに濾す。
漆漉し器掲載漆濾し器は師匠の自作した物を借りて、作製したが、これも結構楽しかった。

さて濾し終えてヘチ竿に線覆輪を書き始めたが、狭い場所に2本の線はかなり手強くなかなか捗らない。精神的にかなりの気合いが必要な事に気が付き、作業中断。
濾したろ色漆は、手持ちの穂先に塗って漆風呂へと入れた。

この作業中、久々にTさんが姿を見せる。諸々の話で盛りあがり、ブログでの紹介名が決まっていなかったのでみんなでワイワイと楽しむ。その結果、Tさんは「鮎師」なのだが、ちょっと「アヤシい」ので「アヤ師」で決定・・・

そんなこんなで午前中の作業は終了。
昼食を取りながらも、おかずは「釣り・竿の話」で楽しい時間を過ごす。

そして午後は、どうしようか?
そうそう先週手がけた竹刀竿の作製に・・・
ということで、対の一本はほぼ削り終えているので、もう一本に着手。

そこへゲストのサリーさんがやってくる。差し入れに頂いた「冷たいお茶」の美味しかったこと、この上なし。

ここで、竹刀竿の削りを交代してもらう
サリー掲載jpgこんな感じで作業をしてもらい、約1時間ほどで完了。置き竿師さんも、アヤ師さんも竹刀竿を削って今日の作業は終わり。

その後は「自主反省会」と言う名の「懇親会」で楽しい時間を過ごして各自帰宅。