12月24日
今週末は和竿教室の納会が予定されていて、出来れば「鮎魚女のナメロウ」を差し入れしたいと思い富津出撃。
帰宅後、夕食をとってあれやらこれやら快感愛舐め号に積み込んで、さっさと出撃しなきゃと思うのだが、久々の出撃に思うように準備が進まず結局のところ21:00に快感愛舐め号とともに富津へと向かう。

年の瀬とはいっても、この時間になると道路は空いていて途中の休憩を入れても、快感状態で23:00富津着。
様子を見ると、来年の干支(ウサギ)が縦横無尽に走っている。しかも潮がほぼソコリ状態に突入の感じだ。

折角なので、防寒着に身を固め落お気に入りポイントの中から、少しでも風裏になる場所をチョイスして落とし込みの開始。
かなりの深場で時間を掛けて落とし込んでも魚信は無い。着底を確認して巻き上げながら誘っても反応はなく、やや移動。

ここは浅場で直ぐに着底してしまう。これはかなりの距離を落とし込んだが反応はサッパリ。そして戻りながら背後から吹く風を利用して「風フカセ」で沖目を狙うと小気味よい反応があって小目張をゲット。

そして移動しながら風フカセを繰り返して小目張3尾tを追釣。振り出しに戻って、深場を狙うが全くの反応なしに疲れて、納竿(26:00)
ラーメン反省会もなくzzz

12月25日
4:30の目覚ましに気付かずzzz。なんと目が覚めたら7:00。朝マズメを狙いたかったのに、気分的に撃沈。
思う範囲で風裏になる場所は?と思いつつアチコチ探るも撃沈か移動まっしぐらといった状況を抜け出せない・・・

気分転換に以前見かけた「布袋竹」のあった場所に移動。めぼしい竹を見つけようと思うけど、なかなかない。せめて手元に使える程度でも気持ちを切り替えても・・・
なんとか使えそうな布袋竹を見つけて1本だけ切ってみる。教室に持っていって師匠に使えるかどうか聞いてみよう。

後は、N釣具店へ行き情報収集したり、コンビニで買い出しして軽い食事をしたり、昼寝をしたり時間を潰す。
15:00に埠頭へ行き僅かに風裏になるポイントで落とし込む。風裏といっても、うねりは凄くとてもではないが、無理無理といった状態にお手揚げ状態。

ついに断念して17:00に納竿してN釣具店へ行き、上がり込んでお茶を頂きながら、情報収集やら世間話。冷えた体に渋めのお茶が嬉しい。
その後、釣友のSのところへ行き結果報告後、帰宅。

221225富津DSC_1809釣果
目張:17cm〜13cm 4尾
リリース:なし

今回は、和竿教室の納会に「ナメロウ」を差し入れしたかったので出撃したが、ちょっと残念な結果になってしまった。
来年は巻き返しできうるか?