出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、沖釣り師、不漁中年。

220926不漁中年DSC_1673不漁中年の今日の仕事は、広島のヘタ師さんから頼まれているヘチ竿「竿◎郎」に付け直したガイド部分の弁柄漆を研いで、塗り重ねて漆風呂へ収納。
更に同じ竿の手元を改修した箇所に同じく弁柄漆を塗って、午前の作業が完了。
午後の作業は、鯊竿に取り付ける糸通し用に象牙を加工して全ての作業を完了。

220926渓流人DSC_1670渓流人さんは、ヘチ竿のガイド部分の本朱塗り。
フライ竿の修理。
全竹ヘチ竿の錆落とし、糸巻きの途中までで所用により中座。





220926置き竿師DSC_1667置き竿師さんは、鯊竿2本の呂色研ぎと呂色塗り。
手長海老竿の棕櫚髭撒き。
手長海老竿の籐巻き。
鱚竿の印籠芯菅込み。




220926よろず請負人DSC_1669よろず請負人さんは、アヤ師さんの手長海老竿の芽打ち。
三番弟子さんの石鯛竿の芽打ち。
最近、乱れていた漆箱の整理・・・
反省会の肴調理等で今日も大忙しの一日・・・・・




220926師匠だのみ松DSC_1672師匠だのみ松さんは、手長海老竿をピカールで磨いて、拭き漆。
鱚竿の拭き漆。
万能竿の呂色研ぎと呂色塗り。




220926沖釣り師DSC_1676沖釣り師さんは、鯊竿・鱚竿・花鯛竿等7本ほどの竿の拭き漆。
本数が多いだけに結構な時間が掛かる。






220926肴20100926163941今日の反省会の肴は、沖釣り師さんからの差し入れで「筋烏賊」のゲソの煮付け、身のバター焼き。
鱒の甘露煮。スモークチーズ。高菜。冷やしトマト。胡瓜に「日光の唐辛子味噌」。庭で収穫した谷中生姜。
十分な肴と飲み物で盛り上がり、全員の感心を集める11月予定の「和竿展」で更に盛り上がり・・・
文字通り「時の経つのを忘れる」状態???














220926収穫DSC_1677庭で収穫した谷中生姜・獅子唐。








220926ムカゴDSC_1682今年は「ムカゴ」の実が少なく、塩茹では期待はずれか?







220926唐辛子DSC_1679唐辛子は相変わらず元気に実っている。暑さは味方なのか?