出席者:よろず請負人、置き竿師、師匠だのみ松、沖釣り師、渓流人、不漁中年。

不漁中年の今日の仕事は、置き竿220717不漁中年DSC_1518師さんと一緒に教室の準備。
そして補修中のアユ竿に生正味漆を塗って、漆風呂へ・・・
そして皮剥竿のガイド・リールシート取り付け部分の呂色を塗って漆風呂へ入れて午前中の作業完了。
午後は中座して富津へと出撃。


220717沖釣り師DSC_1524沖釣り師さんは、飯蛸竿の呂色塗りをはじめ、覆輪・線覆輪を書き込み作業。



220717渓流人DSC_1522渓流人さんは、フライ竿の呂色塗り、ヘチ竿の総塗り作業。




220717置き竿師DSC_1519置き竿師さんは、鯊竿の線覆輪。今日は調子よく綺麗に書き込む事が出来て嬉しそう・・・




220717よろず請負人DSC_1526よろず請負人さんは、アヤ師さんの手長海老竿の曙塗りの研ぎ出しと生正味の拭き漆。
更に三番弟子さんの石鯛竿の粉固め。



220717師匠だのみ松DSC_1521師匠だのみ松さんは、ヘチ竿の呂色塗り。そして手長海老竿の総塗り。
万能竿№2の極め漆。




今日は、午後から富津へ出撃で中座したが、はたして反省会はあったのか?気になるところ・・・