5月28日
帰宅後、あっという間に準備を終えてとはいっても20:00過ぎに快感愛舐め号と一緒に富津へと向かう。
道中は時々雨模様もあったが順調に進む。途中で、出撃中の釣友のSに連絡を入れると思わしくないし、潮がかなり下げている・・・
とのことで、袖ヶ浦での小休憩を止めて一気に富津へと到着。

早速、Sと合流して落とし込みの開始。実績ポイントを重点的に攻めてみるが全くの反応無し。そして着底したアオイソメにちょっかいを出して陸揚げされた魚は鱚でした。サイズは手尺(手酌ではない)で、7寸弱(20cmか?)の太った鱚でした。

その後、魚信も素っ気もなくなり、Sと相談して納竿(24:00)とした。そして恒例のラーメンで反省会やら釣り談義やらでzzz

5月29日
寝た時間の割にはキッチリと目覚まし「3:30」に起きる事が出来た。でもって準備してポイントへと移動。
先ずは、アカイソメの「黒狙い」で落とし込み開始。
落としても落としても、進んでも進んでも・・・全くの気配なし

1鮎魚女20100529050718そしてかなりの距離を進んで、思っていた棚に届いたかなぁ?とその瞬間に穂先が20cm程「クッ」と曲がる。合わせると明らかな「首振りダンス」でこいつをゲット。
あの魚信で「鮎魚女」かぁ
まるで本命の黒かと思わせるような魚信にはビックリドキドキ・・・・残念
2鮎魚女20100529051520更に10mほど進んで、今度はピタッと道糸が止まる。しかもイガイが付いていればその層付近・・・・もしかして本命?
と思いながら合わせると、やはり「首振りダンス」で鮎魚女のお出まし・・・
その後は、泣かず飛ばず魚信もなく折角進んだ長い距離を戻りながらの落とし込み。一箇所だけ落とし込んだアカイソメを回収しようとしたときに、追ってきてヒラを打ったのは「カイズ」・・・・

一時休憩とし、軽く朝昼食したり昼寝したり、胎貝を取ったり・・・・

潮が下げいっぱいからやや上げ始めたのを見計らって落とし込みの再開。もちろん、胎貝での落とし込み。魚信はさることながら気配さえも無3鮎魚女20100529174747く・・・
結局は朝の鮎魚女ポイントに着くまで撃沈。胎貝からアカイソメに付け替えると、この鮎魚女が首振りダンスをお披露目。
ちょっと4鮎魚女20100529175607進んでまたまた鮎魚女の首振りダンス。これには不漁中年も本命でないだけに首を横に振り出す?
これも行き尽いて、戻りの落とし込み。

目仁奈20100529182214今度は鮎魚女とは違う引きで、この「目仁奈」(見た目30cm弱)が姿を見せる。しかもこれをリリースして、ものの10mも進まないうちに同サイズの目仁奈が遊んでくれる。
ま!嬉しくないけど釣りを楽しむ事は出来たと一人納得。ここでSとの合流点に大移動。

約束の場所で先行して落とし込みを開始。ところが、本命「黒」は全くといって良いほどの気配なし・・・・
目張狙いに切り替えても気配がなく撃沈
納竿しようかと思ったところへSが合流してくる。状況を伝えたが折角だからと続行。
今度は小目張・中目張が姿を見せ始めが、続かず納竿(22:00)
ラーメン・コーヒーで反省会と今後の「黒展望」について熱く語り?zzz

5月30日
二日続きの3:30起床。
急いでポイントへと移動。やや明るくなりかけていて、釣れる予感が頭をグルグル駆け回っている。ま!いつもの事だけど・・・

早速落とし込みを開始。棚狙いに何の反応もなく残っていたアオイソメに切り替えると良型の鮎魚女35cmが姿を見せる。後が続かず小移動。

ここは胎貝で棚を狙うも反応なし。先行していた同業者に様子を聞くと「ここで釣れたという情報もない」との事。久々にお会いし色々と情報交換するものの「見通しは暗い」事を再確認しただけ・・・

諦めて快感愛舐め号に戻ると同時に、一人のルアーマンが戻ってくる。このルアーマンはここで良くお会いした方で、聞いてみると芳しくないとの事。クロもシーバスも状態は良くないのだなぁとは思ったがお互いに再会を約束。

埠頭へ戻って餌箱を洗って納竿(7:00)。N釣具店へ行き結果報告後帰宅。
今回は、本命「黒鯛」の姿を見る事は出来なかったが、二人の釣り師に久々にお会いできて懐かしかったので「◎」としておこう!

220530富津DSC_1432釣果
鮎魚女:36cm〜26cm  5尾
目  張:23cm〜14cm 13尾
リリース:目仁奈、目張、鱚、鮎魚女