不漁中年の釣り日記

月の一度の富津釣行、そして和竿作成日記

手慰み(タバコペーパークラフト)

先週から今週にかけて、以前から作りかけだったタバコペーパークラフト(傘)を仕上げた。
お餞別やらタバコの空き箱を頂いているお礼に作り始めた物だが、なにせ「竿作り」は気になるし(気にならなければダメなのだが)、集中出来ない・・・
ところが和竿教室に行く時、停めている駐車場が昨日(30日)は使えるかどうか分からず、23日の帰りに道具を教室に置いてきた。なにせ「重い」ので電車での持ち運びは不可能に近い・・・

ということで、竿作りの道具が家に無いのだから、タバコペーパークラフトに集中出来ることこの上なし?
絹糸を掛けたり・リリアンの房他をなんとか作って仕上がった傘がこれだ。
タバコ傘





左から「ハイライトの蛇の目、ロングホープの模様だし、マイルドセブンの蛇の目、チェリーの桜模様」
ハイライトは職場の愛煙家から頂いている物、ロングホープ・チェリーは多分30年近く前に、同じく職場の後輩に吸ってもらった空き箱。
そしてマイルドセブンは13・4年前に「タバコペーパークラフト展、全国大会」の会場で購入した物で、今回初めて作製してみた。
今回で「191本目」の傘が出来上がったが、いまだに「ここをこうすれば」「ここのサイズをちょっと小さめにしたら」とか、気が付くことがありなかなか奥の深い作業で楽しい。
因みに材料は「空き箱30箱」で、あとは棒編みの竹製編み針(柄に使用)・リリアン・絹糸・楊枝・ラッカー塗料とこんな感じだ。

同じく3週間ほど前に出来上がっていたのが、この「灯籠(癸毅院法廚如空き箱92箱をタバコ灯籠必要とする。傘の部分が2種類の切り出しを36箱で72枚、胴の部分が11種類の切り出しを30箱で60枚、足の部分が11種類の切り出しを30箱で60枚。
つまり192枚の紙片で出来上がっているわけだ。
さすがに気合いを入れないと、仕上がるまでに時間が掛かってしまう・・・


考えてみると過去に使った空き箱10000箱あまりの材料を提供してくれた愛煙家に感謝しなければ・・・
最近は、タバコもハードケースが主体で、貴重な材料だ。

自宅に飾る趣味はなく「作る」のが楽しいだけ、もらった人が喜んでくれれば作りがいもあるというもの。
これからも「竿作り」の合間(なんてあるかどうか分からないが)に楽しんで作ってみたい。渡した時の笑顔を楽しみに・・・

今日の和竿教室(20.08.30)

出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、三番弟子、アヤ師、渓流人、沖釣り師、師匠だのみ松、不漁中年

不漁中年の今日の作業は、師匠師匠だのみ松不漁中年だのみ松さんと一緒に11月の和竿展に展示する「漆風呂」の作製。展示用とはいっても規模が小さいだけで使用出来る物。内側の箱のみを午後まで掛かって作製。
来週、外側の箱と蓋を作製して完成。
なかなか良い感じに出来た。(自画自賛)
午後は、口栓などを作製。

師匠だのみ松さんは、公魚竿のガイドを付けようと準備していたが、いつの間にか、竹刀竿の穂先の取り付けをしてた?

渓流人さんは、ろ色漆を塗っていたが写真を取り忘れました。申し訳なかったです。それにしても相変わらず丁寧な仕事ぶりで「良い仕事」をしてました。
別に写真を取り忘れたからではなく?本当に丁寧です。

200830三番弟子三番弟子さんは、ピカールで磨いて次の漆塗りの準備





200830沖釣り師沖釣り師さんは、尻栓の成形中





200830アヤ師アヤ師さんも、工夫しながら口栓を作成中。





200830置き竿師置き竿師さんは師匠の指導よろしく、全竹中通しの鯊竿の穂先を、さらい中。




200830よろず請負人よろず請負人こと師匠は、11月の和竿展示会の竿置きの見本を作成中。青竹を使った「和」の雰囲気が素晴らしい・・・



今日のお昼は・・・
11時頃師匠が「素麺を食べたいなぁ」と言って、暫く居なくなる。やがて良い臭いがしてきて、何やら師匠自ら準備中。
そしてお昼になると、なんと「豚バラ・シメジ・他」で汁が作ってあり、茹でたての素麺が盛りつけてある。薬味に庭で採った茗荷も刻んである。
なんと師匠が食べ出す前に「頂きます」とばかりにツルツル・・・・
いやいや美味しかったです。ご馳走様でした。
次回は不漁中年が「里芋の味噌汁」を作る番か?
それとも黒鯛の「潮汁」か・・・

今日の和竿教室(20.08.23)

出席者:よろず請負人(師匠)、置き竿師、師匠だのみ松、渓流人、アヤ師、沖釣り師、不漁中年

不漁中年の今日の作業は、広島のヘタ師さんに頼まれた穂先の漆塗りで、先週塗ったろ色漆を確認すると、表面に皺が寄っている。暑かったのに空風呂にしないで、仕舞ったのが原因か?
この穂先を耐水ペーパーで軽く研ぎ、ろ色漆を濾して塗る。今日は、涼しいので漆風呂に霧を吹いて穂先を仕舞う。
更に、鮎魚女竿の穂先にろ色漆を塗って、同じく漆風呂に仕舞う。

200823不漁中年さて、次の仕事は鮎魚女竿の口栓作りだ。先ずはインロー芯と同じサイズの竹を探して、任意の長さに切る。その後、芯の外側及び内側に同心円になるように、竹を選んで組み込んでゆく。なかなか合うサイズがなく、苦戦しながらも口栓楽しい時間。ピッタリに合う竹が見つかると、思わずニンマリ?

作製途中だが、こんな感じ。


200823アヤ師アヤ師さんも口栓の作成中。





200823置き竿師置き竿師さんは、ろ色漆に使った漆刷毛の掃除中。先週は被れたとか
被れないとか?



200823渓流人渓流人さんは、フライ用の竿にグリップを取り付け、更にガイドの取付中。




200823師匠だのみ松師匠だのみ松さんは、鮒竿の口栓作り。なかなか手強い作業に見えるが、黙々と頑張っている。



200823沖釣り師沖釣り師さんは、目張竿のインロー芯の菅込み中。一番力の掛かる場所なので、神経を使う作業だ。

livedoor プロフィール
記事検索
あし@
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ